2018年6月10日日曜日

Ubuntu Mate 18.04 LTSをOC 4.6GHz でカーネルコンパイル !

BIOSを更新したマザボで、Ryzen 7 1800Xをオーバークロックし4.6GHz超、そしてカーネル4.16.14を16スレッド全てを使ってコンパイル。
いやはや驚きです ! !
ここまでのパワーは正直驚きました。
もう少し、オーバークロックできそうですが、いまのところとても安定しているので、しばらくは、この設定で使用してみようと思います。

当初のBIOSでは同じ設定でも、ここまでは安定していなかったので、BIOS更新の効果があったと思われます。
もし、Ryzen 7 1800Xをオーバークロックする場合は、最新のBIOSへ更新をされてみるのも良いかと思います。
ただし、確実にオーバークロックが可能かといいますと・・・・

とりあえず、結果としてオーバークロックは大成功です !

これでSSDを追加すると、更に性能向上が望めるのですが、それで何をするのかといいますと、特に何もないので、当面は現状維持でいきたいと思います。







新品価格
¥1,890から
(2018/6/10 15:51時点)

2018年6月9日土曜日

Ubuntu 16.04.4LTSのマシンをオーバークロック 4.6GHz !

安定稼働しているサブのマシン、Ubuntu Mate 16.04.4LTSのカーネルを4.9.107へ更新、更にマザーボードASUS STRIX Z270F GAMING のBIOSも最新のものに更新。
また、クロックを4.6GHzまで上げて、前述カーネルをコンパイルしましたが、以前は途中でハングしていましたが、BIOSを更新したことが良かったのか、問題なく爆速でコンパイルができました。
ちなみに、CPUは、 i7-7700K です。








今は、サブ機として使用していますが、まだまだ安定動作していることと、Ubuntu Mate 18.04に対応していないアプリもあるため、このマシンは当分継続して使用する予定です。
あとは、SSDへ変更すると更なる爆速が期待できると思いますが、一番重要なのは、安定稼働ですので、LTSということもあり、使える間はこのマシンはUbuntu Mate 16.04LTSでいこうと思います。

ちなみに、BIOS更新の情報には、インテルの例の脆弱性の対応がされているかは、性格には確認できませんでした。

さて、今度は Ryzen 7 1800Xのサブ機(そろそろメインに昇格しようかと思っていますw)に入れましたUbuntu 18.04LTSをオーバークロックして、カーネルコンパイルした結果もアップしたいと思います。

ちなみに、個人的にはコスパがとてもよいRyzen7 1800X+OCはオススメです ! !


新品価格
¥34,979から
(2018/6/9 12:24時点)