2018年5月20日日曜日

Ryzen 7 1800X搭載のデスクトップPCにUbuntu 18.04LTS/カーネル4.16.8をインストール

何とか、Ubuntu 18.04LTSを入れてカーネルを4.15系から4.16.8へ変更しました。
今回、カーネルをコンパイルをするにあたり、ちょっと手こずりましたが、何とか無事にコンパイル終了 !
そして、今のところ、大したことはやっていないこともあり、安定して動いています。

今後、18.04LTSの更新が色々と出てきますが、これも安定化に向けてのことであるため、個人的にデスクトップOSとして使用する分には、全く問題ありません。
よって、このマシンでは、引き続き使っていきたいと思います。
さて、k9copyも入れようとしましたが、現状まだサポートされていないため、関心のある方は今しばらく様子見といったところでしょうか.
開発環境としてEclipseの最新版を入れましたが、こちらも今の所大したことをやっていないので大丈夫ですが、Javaでバリバリ開発している方からはいろいろとレポートが言っている可能性はあります。
とはいえ、時期長期安定版としてのリリース、新しいものづきとしては、早速手を出してしまいましたw
(ノートPCにも入れて快適に動作中です!)

まだデスクトップPCがあるため(Ryzen 7 1800Xはサブ機だったしていますw)
メインのデスクトップPCにもカーネルだけ入れ替えても良いかな、と現在思案中です。

新品価格
¥52,167から
(2018/5/20 19:59時点)

0 件のコメント: