2018年3月21日水曜日

Ryzen7-1800xのUbuntu MATE 16.04.4LTSへカーネル4.9.88をインストール !

いやはや、仕事とが忙しいことを理由に更新をサボってしまいましたw
そして、カーネルの更新も・・・
4.9系も既に88まで来たのかと思うとなかなかよい肝心安定してきている何よりの証、前向きに捉えています。

さて、昨今CPU自身がもつ脆弱性について、いろいろと発表されたり記事が飛び交っていますが、Ryzen7にもあるとのこと、しかしUS-CSERTではRyzen7の脆弱性については公式に出ていないようです。また、その対応もどうやらBIOS更新による対応のようです。
ここで気になるところは、今回の脆弱性の対応を行うと性能が低下するという、データーセンターや企業等にとっては悪夢の状況になりかねません。
そもそも、今回発覚した脆弱性は、
・インテル : spectre1,spectre2,Meltdown
・AMD : spectre1,spectre2
ここで、
・spectre1を利用した攻撃成功。
 ・spectre2は理論的には攻撃可能だろうが、誰一人成功していない。
とのこと。また、
性能ダウン=Meltdown対処後
であるため、BIOS更新するか否かはそのマザーボードメーカーによるそうです。

いまのところ、個人的には様子見状態です。

さて、個人で購入された方々は、BIOS更新をされるのか、そのまま使用か、引き続き様子を見てみたいと思います。

新品価格
¥48,860から
(2018/3/21 16:44時点)

0 件のコメント: