2018年10月17日水曜日

マイクロソフトも加入しているOINが6万件以上の特許を無償利用化へ

何と、あのマイクロソフトも加入ししているOIN(Linux特許管理会社Open Invention Network)が6万件以上の特許を無償利用化とのこと。
詳細は、こちらをご覧ください。
参加企業は、マイクロソフト、Google、SONY、TOYOTA等も参画しておりますので、凄いことになったものです。
ソフトバンクとTOYOTAが共同会社を立ち上げ、AIはつい最近から急に話題になって、今後はAI無しには考えられない時代へと突入したようです。

そして、この余波は、私達の働き方や生活に至る全てに影響を及ぼすことと思われます。
そんな中、オープンソースが中核の一翼をなすのは、嬉しい限りです。

願わくば、個人的にWindows OSのデスクトップ並に、LinuxのデスクトップOSとしても普及して頂きたいところです。

私個人的には、自宅では殆ど(年賀状の印刷以外)は、Linuxで十分事足りしています。
ただし、WindowsのUIに慣れている方や、気に入っている方々はその必要性はないかと思いますが、発展途上国など、OSにお金を避けられない国々は、きっと大きなアイテムとして使っていけるものと思います。
中国もスパコンではアメリカを凌駕するところまで来ています。
このスパコンにもLinuxが使われております。
この広がりは、どんどんと広がっていくと思っています。
そして、この勢いは止めることは出来ません。
あとは、AIがどのように進んでいくのかを見届ける必要もあるかと思います。
Linuxも少なからず利用される事になると思いますが、是非良い方向で使って頂ければと思います。

おっと、それからノートPCにインストールしていますUbuntu 18.04.1 LTSにカーネル4.18.14をインストールいたしました。
今の所、バッチリ動作しています。


そして、引き続き、Ubuntu(Linux)を使っていきたいと思います。
今後、どのように進化していくのかとても楽しみなオープンソースを見届けていきたいと思います。

新品価格
¥1,706から
(2018/10/14 14:24時点)

2018年10月14日日曜日

Ubuntu 18.04.1 LTS Mateへカーネル4.18.14をインストール

その前に、カーネル4.18.13を使っていましたが、ログインせずにそのままの状態で暫くいると、フリーズしたり、Youtubeの動画も途中でフリーズ。
稀に見る不安定さにとても気になっていましたが、カーネル4.18.14へしました所、現時点では、上記のような症状は出てきていません。
Change logには、該当しそうなところが見受けられませんでしたが、私の読解力の問題もあり、きちっと対応が出来ているのかもしれません。
(結果から見ますと、非常に安定して動いていますので、対応がされている可能性大)
デュアルディスプレイでのUbuntu 環境はとても快適そのものです。
さて、これからはゲーミングノートPCにインストールしているUbuntu 18.04.1 LTS Mate版にも入れることにしますか。

それから、インターネットラジオについて、だいぶ昔はShoutcastをよく聞いていましたが、どうも有料になったようなので、残念ながら聴くことはなくなってしまいました。
その代わり、radikoでFM放送のインターネットの配信をよく聞いています。
クルマで運転をしているときにも聞いていますので、自宅でもBGM代わりに聞けますので、個人的にはお勧めです。
まだ、試されていない方は、ブラウザから聞くことが出来ますので、一度試されてはいかがでしょうか。

新品価格
¥1,740から
(2018/10/14 13:27時点)

2018年9月30日日曜日

Ubuntu 18.04でStreamtuner2が動作しない場合

久しぶりにインターネットラジオを聴くためにStreamtuner2をインストールして動作させると・・・・
起動しませんでした ;
そこでコマンドラインから
$streamtuner2
を入力すると、



File "/usr/share/streamtuner2/compat2and3.py", line 72, in find_executable
    exists = [os.path.exists(dir+"/"+bin) for dir in os.environ.get("PATH").split(":")+["/"]]
NameError: name 'os' is not defined

というエラーが発生してしまいした。
そこで、調べてみたら、こちらに解決方法がありました。

具体的には、以下のようにしました。
# vi /usr/share/streamtuner2/compat2and3.py
# Both

# find_executable() is only needed by channels/configwin
try:
    from distutils.spawn import find_executable
except:
    import os
    def find_executable(bin):
        exists = [os.path.exists(dir+"/"+bin) for dir in os.environ.get("PATH").split(":")+["/"]]
        return exists[0] if len(exists) else None

上記赤字部を追記
そして、起動すると・・・
無事に動作 ! !
そこで、audioを利用するアプリを、Streamtuner2の「編集」=>「プロパティ」
を選択して、Configuration SettingsのPlayerのFormat部を
xdg-open から audaciousへ変更。

これで、無事にインターネットラジオが使えるようになりました。
もし、同じ状況の方は、一度試されて頂ければと思います。


新品価格
¥1,706から
(2018/9/30 18:18時点)

2018年9月24日月曜日

Ubuntu Mate 18.04.1にカーネル4.18.9を入れました !

少々時間が空きましたが、メインPCのUbuntu Mate 18.04.1にカーネル4.18.9を入れました。
今の所、非常に安定しています。
メインのノートPCにも入れましたが、こちらゲーミングPCですが、こちらも問題なく動作。(NVIDIAのGPU搭載のため、純正ドライバを入れています。)







と、ここで久しぶりにサブPCに入れているUbuntu Mate 16.04 LTSのHDDが突然お亡くなりました・・・・
ということで、急遽2TBのHDDを購入して、再びUbuntu Mate 16.04 LTSを入れました。
データ類は、自宅のPC共有使用のNASを使っているため、復旧は非常に楽でした。
もしもの時にNASが役立つかもと思っていましたが、今回は非常に助かりました。

さて、最近Ubuntu Mateでよく利用しているのが、プリンターのスキャナー機能です。
我が家も、ペーパーレス化を目指し(笑)、必要な書類で破棄してもよいが、一応とっておきたいものをスキャナーで取り込んでPDFファイルとしてNASに格納しています。
昨今のLinuxでは、プリンターのドライバーが提供されており、印字面ではとても素晴らしい環境が整ったので、Windowsはほぼ使わない状況となりましたが、スキャナーもまた使えるため、ますますWindowsの使用頻度が減ることになりますが、もともといつも殆ど使っていないため、更にLinuxの使用頻度が上がったというのが正しい表現かと思います。
現状は、昔のアルバムの写真をスキャナーで取り込んで、保存する試みをしています。
(もちろんアルバムはとっておきますがw)
いろいろと疲れたりした際、ふと昔の写真を見て、他界した親や昔の友人、旅先の写真をながめ、当時の楽しかったときのことを思い出して、気分転換してあらためて事に望んだりする際には、とても便利です。
それがLinuxでできるのですからとても便利です。
(使用しているアプリはシンプルスキャンです)

こんな使い方も出来るUbuntuを、是非多くの方に使っていただきたいと願ってやみません。

新品価格
¥2,354から
(2018/9/24 08:56時点)

2018年8月26日日曜日

Ubuntu Mate 18.04.1にカーネル4.18.5を入れました !

今では、メインPCとして使用しているAMD Ryzen 7 1800X OC 4.7GHz
(簡易水冷は使っていますw)
搭載のUbuntu MATE 18.04.1 LTSへ、今までカーネル4.17系を使っていましたが、
下記の通りEOLとなりましたので、急遽4.18.5へ移行しました。
もう少し使用できるかなと思っていましたが、4.18系へ移行、
特に支障もなくコンパイル、インストールができました。
また、アプリケーションについては、現在確認中ですが、特にカーネルを変更したことにより、影響の出たものは今のところありません。
また、グラボもNVIDIA社のGeForce GTX 1050を使用していますので、ドライバーもプロプライエタリドライバーを使用していますが、問題なく使えています。
もう少し使用してみて、特に問題が出なければ、同じくUbuntu MATE 18.04.1LTSがインストールされている、ゲーミングノートPC(HDD=>SSDへ換装済み)もカーネル4.18系へ移行しようと思います。

それから、昨今のLinux(Ubuntu)で感心したのは、我が家で使用しているスキャナー兼プリンターが、問題なく使用できていることです。
以前は、印刷関係が結構ネックだった印象がありますが、今はそれも解消され、一部のアプリを使う事情から、我が家にWindowsマシン(ノートPC)が一台ありますが、今はUbunt(Linux)がメインOSとなっており、時代は随分と変わったものだと改めて思いました。
ただし、残念ながら、デスクトップOSはいまだWindowsが殆どの状況ですが、使い勝手は確実に向上しておりますので、私は引き続きUbuntu(Linux)をメインOSとして使っていきます。

新品価格
¥1,740から
(2018/8/26 11:16時点)

2018年6月10日日曜日

Ubuntu Mate 18.04 LTSをOC 4.6GHz でカーネルコンパイル !

BIOSを更新したマザボで、Ryzen 7 1800Xをオーバークロックし4.6GHz超、そしてカーネル4.16.14を16スレッド全てを使ってコンパイル。
いやはや驚きです ! !
ここまでのパワーは正直驚きました。
もう少し、オーバークロックできそうですが、いまのところとても安定しているので、しばらくは、この設定で使用してみようと思います。

当初のBIOSでは同じ設定でも、ここまでは安定していなかったので、BIOS更新の効果があったと思われます。
もし、Ryzen 7 1800Xをオーバークロックする場合は、最新のBIOSへ更新をされてみるのも良いかと思います。
ただし、確実にオーバークロックが可能かといいますと・・・・

とりあえず、結果としてオーバークロックは大成功です !

これでSSDを追加すると、更に性能向上が望めるのですが、それで何をするのかといいますと、特に何もないので、当面は現状維持でいきたいと思います。







新品価格
¥1,890から
(2018/6/10 15:51時点)

2018年6月9日土曜日

Ubuntu 16.04.4LTSのマシンをオーバークロック 4.6GHz !

安定稼働しているサブのマシン、Ubuntu Mate 16.04.4LTSのカーネルを4.9.107へ更新、更にマザーボードASUS STRIX Z270F GAMING のBIOSも最新のものに更新。
また、クロックを4.6GHzまで上げて、前述カーネルをコンパイルしましたが、以前は途中でハングしていましたが、BIOSを更新したことが良かったのか、問題なく爆速でコンパイルができました。
ちなみに、CPUは、 i7-7700K です。








今は、サブ機として使用していますが、まだまだ安定動作していることと、Ubuntu Mate 18.04に対応していないアプリもあるため、このマシンは当分継続して使用する予定です。
あとは、SSDへ変更すると更なる爆速が期待できると思いますが、一番重要なのは、安定稼働ですので、LTSということもあり、使える間はこのマシンはUbuntu Mate 16.04LTSでいこうと思います。

ちなみに、BIOS更新の情報には、インテルの例の脆弱性の対応がされているかは、性格には確認できませんでした。

さて、今度は Ryzen 7 1800Xのサブ機(そろそろメインに昇格しようかと思っていますw)に入れましたUbuntu 18.04LTSをオーバークロックして、カーネルコンパイルした結果もアップしたいと思います。

ちなみに、個人的にはコスパがとてもよいRyzen7 1800X+OCはオススメです ! !


新品価格
¥34,979から
(2018/6/9 12:24時点)

2018年5月20日日曜日

Ryzen 7 1800X搭載のデスクトップPCにUbuntu 18.04LTS/カーネル4.16.8をインストール

何とか、Ubuntu 18.04LTSを入れてカーネルを4.15系から4.16.8へ変更しました。
今回、カーネルをコンパイルをするにあたり、ちょっと手こずりましたが、何とか無事にコンパイル終了 !
そして、今のところ、大したことはやっていないこともあり、安定して動いています。

今後、18.04LTSの更新が色々と出てきますが、これも安定化に向けてのことであるため、個人的にデスクトップOSとして使用する分には、全く問題ありません。
よって、このマシンでは、引き続き使っていきたいと思います。
さて、k9copyも入れようとしましたが、現状まだサポートされていないため、関心のある方は今しばらく様子見といったところでしょうか.
開発環境としてEclipseの最新版を入れましたが、こちらも今の所大したことをやっていないので大丈夫ですが、Javaでバリバリ開発している方からはいろいろとレポートが言っている可能性はあります。
とはいえ、時期長期安定版としてのリリース、新しいものづきとしては、早速手を出してしまいましたw
(ノートPCにも入れて快適に動作中です!)

まだデスクトップPCがあるため(Ryzen 7 1800Xはサブ機だったしていますw)
メインのデスクトップPCにもカーネルだけ入れ替えても良いかな、と現在思案中です。

新品価格
¥52,167から
(2018/5/20 19:59時点)

2018年5月6日日曜日

Ubuntu Mate 18.04LTSをノートPCへインストール

リリースされて少し経ちましたので、そろそろ不具合対応も出ている頃と思い、現状のものを更新しつつ、メインのノートPCへUbuntu Mate 18.04LTSをインストールしてみました。
外観は、若干異なるところもありますがアイコン、テーマも問題なく引き継ぎができ、今の所、大きな問題はない状況です。
カーネルが4.15系ですが、すでにEOLを状態のため、しばらく様子を見て4.16系へ移行をしたいと思います。

ほとんど、外観が変わらないため、違いがわからないところもあるかと思いますが、細かいところでは、いろいろと変更があり、これから色々といじりまわして楽しみたいと思います。

ちなみに、日本語環境も全く問題なく使えるため、昔のLinuxから比べると、非常にインストールが楽になりました。
個人的に某OSよりもLinux歴が長いためいい時代になったものと思っています。
さて、これからいろいろとアプリを入れての動作確認をしたいと思います。
本バージョンについては、引き続き使用感などを書いていきたいと思います。


新品価格
¥1,740から
(2018/5/6 14:10時点)

2018年4月29日日曜日

ゲーミングノートPCのUbuntu Mate 16.04LTSへカーネル4.9.96をインスール !

ゲーミングノートPCにインストールしているUbuntu Mate16.04.4 LTS (Xenial Xerus) へカーネル4.9.96をインストールしました。

ちなみに、17インチのこのノートPCには、GeForce GTX 960Mが実装され、SSDに換装済みのため、非常に早く、ちょっと前のデスクトップと同じ位の速さがあるので、今はメインのノートPCをーとして使用しています。

インストール時に、ちょっと注意しなければならないこととして、この実装しているNVIDIAのGPUがうまくインストールできないのかフリーズしてしまいます。
そこで、一旦デスクトップでSSD入れてインストールした後に、ノートPCへ改めて換装し、起動を堪忍した後、ドライバーをインストールした経緯があります。

その後は、全く問題なく使用できるので、最初のインストール時には気をつける必要があるかもしれません。ひょっとすると、世に出ているゲーミングノートPCは、同じ症状が出ているのかもしれませんね。
(もっとも、ゲーミングPCにわざわざLinuxを入れる人は多くはないかもしれませんがw)


新品価格
¥1,740から
(2018/4/29 14:40時点)

2018年3月21日水曜日

Ryzen7-1800xのUbuntu MATE 16.04.4LTSへカーネル4.9.88をインストール !

いやはや、仕事とが忙しいことを理由に更新をサボってしまいましたw
そして、カーネルの更新も・・・
4.9系も既に88まで来たのかと思うとなかなかよい肝心安定してきている何よりの証、前向きに捉えています。

さて、昨今CPU自身がもつ脆弱性について、いろいろと発表されたり記事が飛び交っていますが、Ryzen7にもあるとのこと、しかしUS-CSERTではRyzen7の脆弱性については公式に出ていないようです。また、その対応もどうやらBIOS更新による対応のようです。
ここで気になるところは、今回の脆弱性の対応を行うと性能が低下するという、データーセンターや企業等にとっては悪夢の状況になりかねません。
そもそも、今回発覚した脆弱性は、
・インテル : spectre1,spectre2,Meltdown
・AMD : spectre1,spectre2
ここで、
・spectre1を利用した攻撃成功。
 ・spectre2は理論的には攻撃可能だろうが、誰一人成功していない。
とのこと。また、
性能ダウン=Meltdown対処後
であるため、BIOS更新するか否かはそのマザーボードメーカーによるそうです。

いまのところ、個人的には様子見状態です。

さて、個人で購入された方々は、BIOS更新をされるのか、そのまま使用か、引き続き様子を見てみたいと思います。

新品価格
¥48,860から
(2018/3/21 16:44時点)

2018年1月8日月曜日

Ryzen7-1800xのUbuntu MATE 16.04.3LTSへカーネル4.9.75をインストール !

年明け早々、連休を使って我が家のLinuxマシンのカーネルを更新しました。
現在、デスクトップPCとノートPCに入っているUbuntu 16.04.3LTS MATE版にカーネル4.9.75を入れました。

現時点では、特に問題なく、サブメインのRyzen7-1800x 4.0GHz(OC)マシンを皮切りに、かなりいじりまわしましたが、相変わらず私の環境では特に問題なく稼働しています。
この調子でドンドン枯れていくカーネルになるため、より安定したマシンとして使用できることもあり、嬉しい限りです。
引き続き、カーネルメンテナーの方々にはご対応いただければ幸いです。

ところで、久しぶにDistroWatch.comを覗いてみました所、次のようなディストリビューションのの順位となっていました。(上位4番目まで)
1. Linux Mint
2. Manjaro Linux
3. Debian
4. Ubuntu

1位はLinux Mintです。相変わらずの関心の高さが伺えられます。
2位のManjaro Linuxが上がってきています。個人的には、Arch Linuxの系譜としか認識がないため、少し勉強不足もあり、調べてみたいと思います。
3位,4位は著名なディストリビューションのため、省略いたします。
とはいえ、RHEL互換のCentOSなどは、実際に使用されている割合から見ると、サーバーの立ち位置的には、かなりの台数が使われているのではないかと思います。
そしてRHELは、商用Linuxとしてはこちらも無くてはならない広がりがあります。
いずれにしても、私が初めてLinuxに関わった頃と比べると、ここまで広く、そしてミッションクリティカルなシステムにも使われていることに、とても感慨深いものがあります。

デスクトップPCとしては、Windowsがほぼ独占状態ですが、ここを切り崩すのは困難でしょうが、個人的に自宅で使用しているのはLinuxで、昔はいろいろと問題だったプリンター関連についてもドライバーがっしっかりしてきており、スキャナーもバッチリです。

Windowsへ移行するメリットは私の場合はとくにありませんので、引き続き(ようは大好きだったりするのが一番ですがw)使用していきたいと思います。

ちなみに、私はデュアルモニターとして使用しており、この環境に馴染んでしまうと、シングルモニターには戻れませんねw
HDMIの切り替えで、数台のデスクトップPCも簡単に切り替えられるため、いい時代になったものです。

さて、Ubuntu 18.04がそろそろ気になってきています。
今後は、こちらの情報を追いかけて行きたいと思います。

新品価格
¥48,284から
(2018/1/8 17:02時点)