2017年11月26日日曜日

Ryzen7-1800xのUbuntu MATE 16.04.3LTSへカーネル4.9.65(誤記4.9.95の訂正です)をインストール !

ここの所、多忙が重なりブログ更新が滞ってしまいました。

さて、カーネル4.9.65がリリースされましたので、ほぼメインましんのRyzen 7-1800x(4.0GHz OC)のUbuntu MATE版16.04.3LTSへインストールいたしました。

今回ちょっと手こずったのが、NVIDIAのドライバ。
4.9.64までは特に何事もなかったのですが、4.9.65にアップグレードしたら、オープンソース版のドライバになっていたようです。(設定ではNVIDIAのドライバが選択されていましたが・・・)
そこで、
・一旦オープンソース版へ切り替えて、再起動。
・再び純正のNVIDIAのドライバをインストールし、再起動。

これで、回復しました。
.configも引き継ぎ、カーネルを再コンパイルしただけで、エラーも出ずに正常にパッケージができたのですが、何か途中で引っかかるところがあったのかもしれないですね。

もし、同様な事象を経験された方は、上記の手順を試されてみて様子を見ても良いかと思います。



何とか、左のように無事に起動しました w









ちなみに、現状4.0GHzのOCをしてコンパイルしていることもあり、i7に近いスピードでカーネルがコンパイルされていきます。
これぞ、8コア16スレッドの威力 ! !

しかし、発売されてから値崩れが起こるか見ていましたが、殆ど下がっていない状況のようです。
とはいえ、Gkrellmやシステムモニタで16スレッドが表示されると、昔のワークステーションを思い出します。(当時とは、価格が桁が違うので、いい時代になりました。)

追伸: 2017年12月26日
          カーネルの最新版は、2017年12月25日付で 4.9系は、4.9.72です。
          誤記のご指摘を頂き、訂正させていだきました。
          (ご指摘、ありがとうございました。)
     今後は、このようなことが無いよう、再発防止のため、内容をよく確認した上でブログへの
   掲載をさせていただきます。
   なお、現時点では、当PCは下記の通りまだ4.9.71となっています。

   週末に、最新版のカーネルを更新の予定です。
            ※公私の諸事情により、最近ブログの更新が滞ってしまい、申し訳ございません。
     徐々に、更新を続けていきますので、引き続きよろしくお願い申し上げます。

新品価格
¥49,000から
(2017/11/26 21:05時点)