2017年10月29日日曜日

Ryzen7 1800x+簡易水冷でUbuntu16.04LTSをOCで4GHz常用中 !

サブマシンとして考えていたAMDのRyzen 7 1800xをカーネル4.9.59を用い、マザーボードのBIOSを変更して、オーバークロック 4.0GHzで安定稼働で常用中です。

CPU-GやiNexが動作せずに仕方なくGkrellmのCPUクロック表示を載せました。

システムモニタにて以下の画像を改めて貼っておきます。

こう見ますと、時代の変遷をつくづく感じてしまいます。昔ならばワークステーションクラスのスペックが、非常に廉価で組み立てられるため、つくづくいい時代になったものと感慨深けに思います。







現在、これだけのスレッドを存分に発揮できるのは、カーネルをコンパイルするときに、オプション指定で、使用するCPU数(スレッド数の意を含む)を設定すると、またたく間にコンパイルしてくれる恩恵を受けている感じを受けます。

では、我が家のメインPCであるi7 7700Kについては、OCを若干かけているものの、カーネルのコンパイル速度は、こちらの方が早いので、このあたりは正直今一つの感はありますが、たくさんのプログラムを同時に動かす場合はやはり、このスレッド数は確かに快適です。
カーネルコンパイル時に、動画再生をしても特にカクつくことなく、サクサク動作するのは見ていて圧巻です。

とはいえ、まだこのRyzen 7  1800xをフルに活用した場面は少ないため、今後はいろいろと活用場面を考えつつ、引き続きこのブログにて紹介してみたいと思います。


新品価格
¥52,999から
(2017/10/29 09:45時点)

2017年10月6日金曜日

Ryzen7 1800x+簡易水冷でUbuntu16.04LTS+カーネル4.9系稼働 !

ついに買ってしまいした ! !

AMDのあの8コア16スレッドで動く
Ryzen7 1800x ! !
現在、Ubuntu 16.04.3LTSにカーネル4.9.53を入れ、更にどうせならばと、簡易水冷も導入。
オーバークロックも、マザーボード(ASUS PRIME X370 PRO)を使って、3.85GHz。
ビデオボードは、GeForce GTX 1050とリーズナブルにしてHDDは1TB。
サウンドについては、オンボード上のHD Audioがあまりにも良くなかったので、PCI-Eに挿すタイプのSound BLASTER AUDIGY FXを購入。
(ついでに、ケースも新たに購入)
カーネルコンパイルもi7 と遜色なく快適にコンパイルができ、安定して動作しています。


Ubuntuでも、この光景は圧巻ですね ! !






いやはや、一昔前のワークスーション並の内容になっていますw

ただ、AMDのRyzen7のリリース後、インテルも慌てて、さらにスペックを向上させたCPUを登場させましたが、昔からAMD好きの私にとっては、ここまで来るともうどうでもいい感じになってきました。
これは相当長く使えそうなPCになりそうですが、以前FX-8350を使っていた時に、簡易水冷のパイプ(CPU付近の接合部)からの経年劣化と思われるクーラントの漏れが引き金になり、二度と起動しなくなってしまいました。(ブレーカーが落ちましたので、マザーボードかCPUかの切り分けができていませんが、いずれにしてもどちらかはNGかと思われます。)

今のところ、前記にもありますように、3.85GHzで安定稼働しており、カーネルも4.9.53までを順調にコンパイルしてインストール、とても快適です。

あとは、更なるオーバークロックをしていくか否かですが、当分は今のオーバークロックで使い続けてみようと思います。

ところで、発売直後は品薄状態でしたRyzen7ですが、ネット探すとそこそこ売っているようですので、店頭にない場合は、ネットで購入を検討されてみると良いと思います。

とにかく、この圧巻のCPU(スレッドを含む)数、凄いですね。

先だって、i7 7700K を購入いたしましたが、体感的にはちょっとi7 が上かな、という気もしますが、マルチスレッド環境がWindowsよりも活かせるかと思いますので、今後はバリバリと使っていきたいと思います。

新品価格
¥54,460から
(2017/10/6 21:05時点)