2017年9月18日月曜日

ゲーミングPCへUbuntu16.04LTSを入れました(ちょっと苦戦)

つい近所のPCショップで展示品で格安のメーカー保証(バッテリーの劣化も対象)の17インチのゲーミングPCを衝動買いしてしまいました。
スペックは以下の通り
・Core i7 6700HQ2.6GHz
・メモリ16GB(8GB+8GBを別途増設)
・GeForce GTX960M/2GB
・SDD 512 GB(元は1TBのWindows 10を引っこ抜いて換装)
・WiFi 802.11 ac/b/g/n
・Bluetooth 4.0LE
・17.3インチフルHD(1920 X 1080)
これで即インストールするも途中でフリーズ。
そこで、デスクトップにて、SSDへインストール後、ゲーミングPCへ取り付けて起動。
なんとか立ち上がる。

そこで一番怪しいと睨んだグラフィックドライバをみたら、デフォルトでnVidiaのオープンソース版のドライバがインストールされており、これがモバイル版のGTX960Mでは動作不安定と勝手に判断。
その後改めてドライバーをインストールし直したら正常に起動しました ! !

ついでに、カーネルも4.9.50へ変更しました。

起動がむちゃくちゃ早くなったので、体感的にはデスクトップを凌駕するのではと思うほどです。
ただし、カーネルのコンパイル時は、やはりCPUパワーが違うこともありますが、なかなか速いです。

Compizもグリグリと動くので、ノートPCではメインで使っていくことになると思います。
ただし、17.3インチは、流石にでかい・重い・バッテリーがもたないというジレンマがありますが、まあ良しとしましょう(笑)

ちなみに、下記のマウスを購入して使用しています。コスパが非常に良いです。
あとは耐久性がどの程度化が気になりますが、金額的には、壊れたら買い換えるということでも良いかと思われる値段です。
個人的にはオススメです。

新品価格
¥988から
(2017/9/18 18:05時点)

2017年9月10日日曜日

Ubuntu 16.04LTS MATEでk9copyを使ってみる(再掲)

すでに、開発は停止しているようですが、ちょっと時間が空いたのでトライしてみました。
一応、自己責任でお願いします。

手順
$ sudo add-apt-repository ppa:tomtomtom/k9copy
$ sudo apt-get update
続いて、コーデック類を・・・・
$ sudo apt-get install libdvd-pkg
$ sudo apt-get install ubuntu-restricted-extras

次に、Synaptic(未インストールの方は、是非インストールされてください。シンプルかつ使いやすいです)を使って検索にてk9copyを実施。

次のような検索結果が出れば、まずはOK







私の場合はQt5のk9copy 3.0.3-9を選択してインストールしました。(上)

あとは、一部日本語化もされているので、必要なところ(私はAuto burnと/tmp/k9copyを、k9copy終了時に削除にそれぞれチェック)

すでに開発停止のため、次回はリリースされるとしたら、18.04LTSかもしれませんね。


新品価格
¥1,740から
(2017/9/10 19:05時点)

2017年9月3日日曜日

カーネル4.4.86を入れました !

我が家のUbuntu 、Linux Mintにカーネル4.4.86を入れました。
(それにしても、随分の不具合が潰れてきていい感じです。)
今回は
・drm/i915: fix compiler warning in drivers/gpu/drm/i915/intel_uncore.c
・scsi: sg: reset 'res_in_use' after unlinking reserved array
・scsi: sg: protect accesses to 'reserved' page array
・arm64: fpsimd: Prevent registers leaking across exec
・x86/io: Add "memory" clobber to insb/insw/insl/outsb/outsw/outsl
などです。
Ubuntuの次のLTSがどのカーネルを採用するか気になるところではありますが、現状はとても安定して使えてしまいすので、嬉しい限りです。
ところで、メインマシンがi7 7700Kに移行したことに伴いOCの設定をいたしましたが、設定がヘタレなのか、ターボブーストも殆どかからずにサクサクと動いてしまって効果の程がいまいちわからなかったりしていますが、それだけ性能がアップしたということで良しとしています。
あとは、どうしても気になるAMDのRyzen 7 1800Xの存在です。
個人的には、WindowsよりもLinuxの方が、その性能を引き出せるのではないかと思っています。
今は、i7 7700Kを購入したてなので、予算がありませんが、いずれは手に入れたいCPUの筆頭ですね。


新品価格
¥55,767から
(2017/9/3 11:43時点)