2017年5月24日水曜日

カーネル4.4.69をインストール ! そして・・・

ようやく我が家のLinuxマシン(Ubuntu , MintのMATE版ですがw)にカーネル4.4.69を入れ替えました。
忙しくて手がまわりませんでしたが、これでチョット一息できます。(笑)

といったところで、またいつものようにKernel.orgを見てみると、EOLを迎えたカーネルがいくつか出てきています。
4.9系がlongterm版になったため、4.10系は短命かな、と予想していましたが、そのとおりになりました。
もっとも、我が家はUbuntu 16.04.2LTSとその派生のMintを使い続ける間は、4.4系を続ける予定です。すでに、69回のリリースがされており、相当不具合が枯れていると思っていますので、個人的にはまず安定して使えることが最優先であるため、この調子で不具合を枯れさせていただきたいと思っています。

個人的に予想外だったのは、4.9系がlogterm版として頑張っているところです。
Kali Linuxも確か4.9系だったと思いますので、その意味では、こちらのディストリビューションもOK といったところです。

さて、世間ではWindowsのランサムウェアが猛威を振るっていますが、私はそんなことはお構い無く、最新のLinux関連情報を貪っていますが、以前に比べて圧倒的に少なくなってきていますね。
今では、サーバーにはLinuxは当たり前、そして組み込み分野ではなくてはならない存在になってきてもいるので、随分と裾野は広くなってきていると感じています。
とはいえ、デスクトップOSはWindowsが独占状態です。
これはこれで良しとして、自分としては今はラズベリーパイ等に人気が集まりつつある組み込み分野での活躍を期待したいです。
こちら、
クアルコムのLTEモデム搭載プロセッサが車載Linuxに対応「国内外で採用拡大中」
では、スマホに実装されているCPUメーカーが車載Linuxに対応したLTEモデム搭載のプロセッサを出すとのことで、今後のクルマとLinuxとの関係街ますます近くなってくるような気がしています.

こちらには、いろいろなラズベリーパイを使った応用例の紹介が載っていたりします。
見ているだけでワクワクします。

クルマでは、カーナビとしてこのようなものも販売されています。
バイク関連でもなにか出てこないかなと首を長くして待っていますが、「だったら、自分でなにか作れば?」と言われそうなので、何かあれば、まずは「検討」はしてこたいと思います(笑)

あのHONDAが発表した「倒れないバイク」は凄いですね。
どうもASIMOの派生技術を使っているようですが、さすがmade in Japan !
これで立ちゴケする方が減るかもしれませんね。
(私は、何度立ちゴケしたことかw)

新品価格
¥4,536から
(2017/5/24 21:09時点)

0 件のコメント: