2017年4月10日月曜日

Ubuntu 18.04ではデスクトップ環境がUnityからGNOMEへ、まじですか ! !

hylom 曰く、 UbuntuおよびCanonical創設者のMark Shuttleworth氏は5日、Ubuntuスマートフォンやコンバージェンス(スマートフォンに外部ディスプレイなどを接続してデスクトップPCとして使用する機能)のシェルとなっているUnity 8への投資を打ち切り、来年リリースされるUbuntu 18.04 LTSではデフォルトのデスクトップ環境をGNOMEに変更する方針を明らかにしたとのことです。

また、Ubuntuは今後、クラウドとIoTに注力するとのことです。
更に、個人的には期待していたUnity 8の開発中止に合わせ、マルチデバイス対応ディスプレイサーバー「Mir」の開発も中止するようです。

詳細は、こちらをご覧ください。

正直、驚いています.
もっとも、個人使用は、MATE版を使用していますので、今のところ影響はないと思われます。
とはいえ、Unityが初登場した時には、いろいろと話題にもなり、またUbuntuといえばUnityというほどの代名詞なっていただけに、正直驚いています。
とはいえ、Unity8がフォークされるとのはなしもありますので、これからしばらくUbuntuの開発状況から目がはなせませんね !

新品価格
¥2,786から
(2017/4/10 20:52時点)

0 件のコメント: