2017年4月17日月曜日

Ubuntu 17.04がリリース ! !

英Canonicalは現地時間4月13日、同社の旗艦OS「Ubuntu」の最新版である「Ubuntu 17.04」をリリースしたと発表いたしました。

現在のところ、Ubuntuのデフォルトデスクトップは「Unity 7」のままとなっている。Ubuntuでは他のデスクトップを実行させることもできます。Canonicalは「Budgie」(「Ubuntu Budgie」)や「KDE」(「Kubuntu」)、「LXDE」(「Lubuntu」)、「MATE」(「Ubuntu MATE」)、「Xfce」(「Xubuntu」)を公式にサポートもしているので、私のようなMATE大好きUbuntu ユーザーには嬉しい話です。
とはいえ、現状はまだ17.04への以降は全く考えておらず、Ubuntu 16.04.2 LTSでいきます !

 Ubuntuの主力デスクトップになるはずだった「Unity 8」の開発は打ち切られていますが、まだ実行させることはできるとのことです。
またカーネルは4.10系が実装されたようです。
現時点では、まだLongtermになっておらず、Satble状態ということもありますが、基本は安定稼働が第一なので、まだまだ使えるUbuntu16.04版で、カーネルは4.4系(あくまでも、私にとってはlongterm版ということが安心の印ですw)を使い続けていきます。

いろいろと細かいところが改善されているようですので、詳細はこちらをご覧ください。

しかし、最近Fedoraの方へは目が向いていないのですが、Fedora 26 Alpha がリリースされたもようですので、Fedoraユーザーの方で、人柱覚悟の方は、是非トライされてみてはいかがでしょうか。最新の技術が取り込まれているはずですので、新しい物が好きな方は良い選択肢だと思います。

新品価格
¥1,740から
(2017/4/17 20:30時点)

0 件のコメント: