2017年4月25日火曜日

久しぶりにDIstrowatchを見てみました !

あいかわらずMintが上位にいますが、ここで私が今まで見落としていたディストリビューションが上位のプレビューに上がってきました。

それは、「Manjaro」です。
ほとんどノーマークでしたので、ちょっと驚きました.

あのUbuntuよりもプレビューレベルですが、上にいます。

デスクトップは、こんな感じです。
さて、素性ですが、Wikiで調べてみますと、
「ManjaroはArch Linuxと互換性を有しており、Archで特徴的なパッケージ管理システム(pacman)をそのまま使用することができる。 」


との記述があるので、Arch Linuxをベースに開発されたもののようです。

デスクトップは、 Xfce, Openbox, KDE,LXDE, GNOME Shell, Enlightenment, MATE, Cinnamon などがある模様です。
リリースは、ローリング・リリースを採用しているとのことで、ワタクシ的に使用しているKali linuxがまさにそれに当たるかと思いまする
もっとも、Archの最新版のパッケージがすぐに使えるのかといいますと、そうではないようで、Manjaroは独自のリポジトリを運用しているとのことです。
Archのリポジトリからソフトウェアのパッケージをコピーし、機能をテストした上でManjaroの公式リポジトリで提供しているとのことで、若干のディレイはあるもののLive版で少しいじってみたいと思っています。
ただし、MATE派の私にとって、同じMATE版を使っても際はあまり感じられないかと思いますが、カーネルのコンパイル方法などは異なるのではと思いますので、その意味では勉強になったりしますね.

次に驚いたのがFedoraが意外とビューレベルですが、伸び悩んでいるようにも見えますが、これがユーザー数や稼働数とはまったくリンクは取れていませんので、この当たりはあまり機にされなくてもよいかと思います。(大好きなCentOSもここでは下位の方だったりしますが、稼働数は膨大にあるはずです。)

ここのところ、目新しい新機能は以前に比べて格段に減ってきていますが、その当たりはFedoraチームの動向わ追っていくと、今後のRHELが見えてきますので、仕事でRHELを使っている方は、Fedoraもチョツトだけでも情報を得ておくと良いかもしれませんね。

ちなみに、私はUbuntuとMint信者になってしまいましたので、今後も変わらず使い続けていくと思います。

さて、皆さんは、どれを使われるのでしょうか。

今は、高性能なLinuxディストリビューションがたくさん出てきて良い時代になったものです。


新品価格
¥1,740から
(2017/4/25 20:39時点)

0 件のコメント: