2017年2月22日水曜日

メインのUbuntu 16.04.1LTSへカーネル4.4.50を入れました !

もう早いもので、4.4系もリリースが50になりました !
個人的にはどんどん不具合が枯れていくカーネルになっていくので嬉しい限りです。
今回は、
・l2tp: do not use udp_ioctl()
・ping: fix a null pointer dereference
・packet: round up linear to header len
・net: introduce device min_header_len
・sit: fix a double free on error path
等などで、通信周りにも修正が入ったようですね。

引き続きカーネルメンテナーの方々には頑張っていただきたいと思います。

さて、週末にはサブマシン、ノートPCへこのカーネル4.4.50をインストールしていきたいと思います。

ところで、つい最近ここちらに「初心者にオススメのLinuxディストリビューション2017年版」として、ディストリビューションが並んでいます。
我が家のUbuntu, Linux Mintが入っているのは、非常に納得がいきます。
しかし、時代が変わったのか、Fedora系がなくなっています。
とはいえ、RHELのOSは未だエンタープライズ向けとしては、なくてはならない存在にまで成長したので、この調査ターゲートがあくまでもビギナー向けという点には頭に入れていただければと思います。
とはいえ、私自信は、初心者向けだから、という理由だけで使っているのではなく、とても安定して、かつ使えるアプリケーションが非常に沢山あるからという理由が一番です。
もちろん、CentOSも非常に安定していますが、サーバー用途としてはたしかに優秀です。
しかし、デスクトップ用途として使用する場合には、アプリをインストールする際に、必ずパッケージの依存関係で引っかかることが多いため、
・サーバー用途では、RHEL(またはその互換OS)
・デスクトップ用途では、Ubuntu , Linux Mint
と別れてのすみ分けができているのではと思っています。
よって、それをふまえて利用すればとても幅の広い範囲をサポートしたOS(Linux)といえるかと思います。

昨今では、非常に小さく安価なラズベリーパイも発売されたようで、詳しい情報は持っていませんが、自宅のクルマに何らかのセンサーと連動させておもしろい便利な使い方ができないか、目下思案中ですw

しかし、ラズベリーパイ、大ヒットですね。

新品価格
¥8,980から
(2017/2/22 21:09時点)

0 件のコメント: