2017年1月17日火曜日

カーネル4.4.43がリリースされました !

つい最近この間、カーネルを4.4.42へ更新したばかりですが、4.4.43がすぐ出てきたということは、何らかの急ぎの対応が必要であったことを意味します。

ということで、メインのデスクトップPCのUbuntu 16.04.1 LTS MATEへ、早速カーネルのソースをコンパイルしてインストールいたしました。

では、changelogを見てみますと、
・mm/init: fix zone boundary creation
・ALSA: usb-audio: Add a quirk for Plantronics BT600
・spi: mvebu: fix baudrate calculation for armada variant
・ARM: OMAP4+: Fix bad fallthrough for cpuidle
・ARM: zynq: Reserve correct amount of non-DMA RAM
・powerpc: Fix build warning on 32-bit PPC
・ALSA: firewire-tascam: Fix to handle error from initialization of stream data
等など

ARM系やPowerPC 32Bitアーキテクチャのところが、これを使っているユーザーにとっては、今回の対応は助かったことと思います。

まだインストールして、いろいろと試してみてはいませんが、毎度のことながら、我が家の環境では不具合が発生していないので、非常にラッキーかと思います。

引き続き、カーネル面テナーの方には、4.4系のサポートをお願いしたいと思います。

ところで、最近K9copyをUbuntu 16.04LTS版でダウンロードしてインストール後トライしてみましたが、まともに動作しませんでした ;

このあたりは、近日中に、どのような現象が生じたか、レポートしたいと思います。

新品価格
¥2,484から
(2017/1/17 21:51時点)

0 件のコメント: