2016年12月4日日曜日

Red Hat、エンタープライズLinux最新版を提供開始

米国Red Hatは11月3日、エンタープライズLinuxプラットフォームの最新バージョン「Red Hat Enterprise Linux 7.3」(RHEL7.3)の提供開始を発表した。今回のアップデートでは、パフォーマンス、セキュリティ、信頼性を中心に構築された新しい機能や機能強化が盛り込まれ、ネットワークとストレージのパフォーマンスを向上し、高帯域アプリケーションの性能を向上させたほか、LinuxコンテナやIoT機能によりエンタープライズイノベーションに新しい選択肢を提供するという。また同時に、関連製品もアップデートされている。
アップデートの概要は以下の通り。
1)パフォーマンス
2)セキュリティとID管理
3)信頼性
4)Linuxコンテナ関連
5)IoT関連
などなど、ちょっと期待できそうな、これからのサーバーとして、必要不可欠な機能がサポートされているので、ラズベリーパイにも実装されるとおもしろいかもしれませんね。

ソース ZDNet Japan より

新品価格
¥2,786から
(2016/12/4 00:49時点)

0 件のコメント: