2016年11月27日日曜日

Linux Mint teamがデスクトップ環境「Cinnamon 3.2」をリリースしたようです ! !

Linux Mint teamは11月21日(現地時間)に、Linux Mintのデスクトップ環境の一つでとても人気のある「Cinnamon 3.2」をリリースしました。

Linux Mintに採用されて、Linux Mint teamが開発に当たっています。
Cinnamonは、「GNOME 3」をベースに、Linux Mint向けに開発されています。
Cinnamonは、パネルがすべてアプレットからなるなど、操作のシンプルさを志向して開発されているので、Windowsから移行される方、またUnityが使いにくいと思われている方にはとても好まれてイノス。

「Cinnamon 3.2」では、スクリーンセーバーのリビルドによって応答性や速度を改善したほか、Qt 5.7以降のサポート、ウィンドウマネージャの強化など、複数の機能強化が施されていとのことです。

となみに、「Cinnamon 3.2」は、GitHubから無償でダウンロード・利用できますので、トライされてみても良いかと思います。何れはLinux Mintに正式に組み込まれた形で世に放たれると思いますので、それまで待っても良いかもしれません。

ちなみに、私はLinux Mint 18 Sarahを使っていますw

ソース びぎねっとITニュース より

中古価格
¥1,904から
(2016/11/27 10:43時点)

2016年11月25日金曜日

hping3でポートスキャン !?

ポートスキャンで有名なのはnmapといったところかと思いますが、実はhping3コマンドのオプションを使っても同じことができます。

# hping3 --scan 1-512 -S XXX.XXX.XXX.XXX

XXX.XXX.XXX.XXX : スキャンをかける対象のIPアドレス


+----+--------------+---------+---+-----+------+------+
 |port| serv name |   flags   | ttl |   id  |  win |  len  |
+----+--------------+---------+---+-----+------+------+
   80 http              : .S..A...  64     0   5840    46
All replies received. Done.
Not responding ports: 

例えば、上記のような表示がされます。

hping3 には、まだまだオプションがあります。

引き続き、少しずつご紹介をさせていただきたいと思います。


新品価格
¥745から
(2016/11/23 19:12時点)

2016年11月24日木曜日

カーネル4.4.34がリリースされました

カーネル4.4.31から結構短い間隔で4.4.34がリリースされました。
今回の主な対応は、
・sparc64: Delete now unused user copy fixup functions.
・sparc64: Delete now unused user copy assembler helpers.
・sparc64: Convert U3copy_{from,to}_user to accurate exception reporting.
・sparc64: Convert NG2copy_{from,to}_user to accurate exception reporting.
・sparc64: Convert NGcopy_{from,to}_user to accurate exception reporting.
・sparc64: Convert NG4copy_{from,to}_user to accurate exception reporting.
・sparc64: Convert GENcopy_{from,to}_user to accurate exception reporting.

今回は、Sparc64アーキテクチャのものがほとんどですので、我が家のPCには関係ありませんが、枯れていくことは良いこと、どんどん枯れたカーネルになっていければ嬉しいです。
引き続きカーネルメンテナーの方々には頑張っていただきたいと思います。

新品価格
¥1,630から
(2016/11/23 14:36時点)

2016年11月23日水曜日

「Linux」採用ミュンヘン市が議論する「Windows 10」再導入 ? !

ドイツの都市ミュンヘンで、かつてオープンソースのソフトウェアをいち早く導入し、脱Windowsを進めてきたが、市議会で、最終的にLinuxからWindowsへ回帰するかもしれない提案をしているレポートが議論されるもようです。

Ubuntuベースで、Linuxを大量導入し、今後の動向を注視していましたが、ちょっとショックです。今後の動向が注目されますが、デスクトップでは独占的な状況なので、大勢的にはシェアの割合に返答は軽微かもしれません。

引き続き、本件は見ていきたいと思います。

ソース TechRepublic Japanより


新品価格
¥2,786から
(2016/11/23 13:22時点)

2016年11月6日日曜日

Ubuntu 16.04 LTSでも使える K9copyがリリースされていました !

PPAにtomtomtomチームが現在継続的に対応しているようです。
k9copyの情報は、こちらをご覧ください。

Ubuntu 16.04(xenial)LTS版では、
$ sudo add-apt-repository -y ppa:tomtomtom/k9copy
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install -y k9copy-kde4

でインストールできます。但し、自宅にある購入したDVDでバックアップすると、非常に時間がかかりますので、結局最後まで出来たか否かの結果がご報告できず、申し訳ございません。

最新版は、2016年5月18日となっているため、その後の対応はされていない模様です。
よって、非常に時間がかかる状況は私の環境によるものなのか、k9copyのソフトウェアの問題なのか分かりませんが、ちょっとトライしてみうと思われる方は、上記コマンドを実施してトライされてみてはいかがでしょうか。

新品価格
¥1,540から
(2016/11/6 19:48時点)

2016年11月4日金曜日

Ubuntu 16.04LTS MATEにカーネル4.4.30を入れました

とりあえず、サブデスクトップPC(CPU:FX-8350 OC 4.4GHz)のUbuntu 16.04LTSへカーネル4.4.30を入れました。
つい最近、4.4.26〜4.4.29までアップしたばかりでしたが、枯れていくのは非常によいこと。
ということで、今回はどこに対しての対応なのかChangelogをみてみますと、
Revert "fix minor infoleak in get_user_ex()"
Revert "x86/mm: Expand the exception table logic to allow new handling options"
とのこと。
とりあえず、今のところ問題く安定して動いていますのでOKです !

LTS+longterm Kernelで引き続き使っていきます。
つぎはメインPCのカーネル更新をするとしますか !


新品価格
¥2,030から
(2016/11/4 23:50時点)