2016年10月1日土曜日

BACKBOX Linuxをインストール !


書籍「サイバーセキュリティテスト完全テスト Kali Linuxによるペネトレーションテスト」を購入しました。そこで、初めて知ったディストリビューションがこのBACKBOXです。
Kali Liunxはほぼ標準とみなされているようですが、この書籍によると、1つのツール、OS、プロセスに依存するのは決して得策ではないとのこと。
確かに、いろいろな観点から、多様なツールを使っていくことが良い私も考えました。
そこで、先だってLinux Mint 18をインストールしたNV5300-41K(CPUは、オリジナルのSempron M100ではなく、AMD Turion(tm) II
Ultra Dual-Core Mobile M620 2.5GHz(デュアルコア)に、Xfce版のBACKBOXをインストールしてみました。
もともとが軽いインタフェースなので、サクサクと動いて快適です。
ベースがUbuntu 14.04LTSなので、日本語化及びUbuntuのアプリケーションが動きます。
また、インストールしたばかりなのですが、一応プリンタも当然問題なく使えること、何よりも使い慣れているUbuntuなので、使いかっては抜群です。
ちなみに、かな漢字変換は、Ubuntuでも使っているMozcを使用しています。

有名な、Distrowatch.comで調べましたが、初のリリースは2013年とのことなので、まだ歴史は浅いのですが、個人的には、今後も継続して開発を進めていただきたいと思っています。
あと、Xfceが殊の外メモリを使わないので、操作感はとても良いので、いずれこのノートPCをペネトレーションテスト用2号機として、今のHDDをSSDへ変更して使っていきたいと思います。
デフォルトのカーネルは4.2系でしたので(既にEOL)4.4系を入れてみました。
当然問題なく、動作しております。

これからしばらくはKali LinuxとBACKBOXの二刀流を極めたいと思います。
いやはや、こんな古い機器でも快適に使えるとは驚きです !

Linuxならではですね。


新品価格
¥3,650から
(2016/10/1 19:45時点)

0 件のコメント: