2016年8月7日日曜日

Kali Linux2016へカーネル4.6.5を入れました !

最近忙しくて、更新が滞ってしまいましたが、何とか引き続き時間を見つけて、情報発信をしていきたいと思います。

さて、サプノートPCにインストールしています、Kali Linux 2016のカーネルを4.6.5へ更新しました。
changelogの内容は、Mint 18 Sarahのところでも記述していますのでそちらを参照していただきたいと思います。

そろそろHDDの容量を大きい物にするか、はたまたSSDにするか迷っていますが、現状500GBのHDDで30%も使っていない状況からHDDの容量変更は取り下げ、SSDにするか、というところでは、バッテリーの持続時間が伸びるのであれば検討の余地ありと思っています。(CPUをCore i7 に切り替えているため、遅いと感じることもなく、使い続けています。

しかし、カーネルコンパイル時にCPUの発熱はすごく、排熱口はドライヤーのように暑くなる時があります。とうぜんCPUが電力を消費していますので、バッテリーの持続時間は短くなってしまいます。)
4.6系のカーネルではSSDの制御機能も組み込まれているので、入れてみたい欲求満々。
しかし、入れるならば、バッテリーが死んでしまったメインのノートPC Ubuntu16.04LTS MATEが入っているものに、バッテリー交換とSSD交換が先でしょう。
こちらもCPUをCore i7に変えて、サブ/メインともに4コア8スレッドで快適なため、そうすると、まずはメインのノートPCのバッテリー交換が先、という結論が、ブログを書きながら結論に至ってしまいました。(笑)

それはさておき、Kali Linuxの新しい本が出たようです。
近々購入予定ですが、日本語で書かれているようなので、期待したいところです。
以前はMetaSploitの日本語版を購入しましたが、ちょっと情報量が少ない感もありましたので、今度の本にはちょっと期待したいところです。
そのうち、どなたかがレビュー評価を出してくれるかもしれませんが、なければ私が出してみようかとも密かに考えています。
さて、どんな本か興味津々です。

新品価格
¥3,650から
(2016/8/7 12:59時点)

0 件のコメント: