2016年5月5日木曜日

サブのデスクトップPCにインストールしたUbuntu16.04LTSのカーネル4.4.9に更新 !

AMDのCPU A10-6800Kを搭載したサブのディスクトップPCに、カーネル4.4.9をインストールいたしました。
もともと、Ubuntu 16.04 LTSは、カーネル4.4系を実装しているので、特に問題なくコンパイル、インストールができました。

ただ、Ubuntu 14.04LTSで使用できていたアプリが16.04で使用できなかったりしますので、気をつける必要があります。(EPSONのプリンタードライバーのdebパッケージは、依存関係の問題で使えませんでした。)

また、14.04 LTSではデフォルトでインストールできなかったffmpegがインストールできるようになったのは助かりました。

MATE版では、パネルのところの時計の表示が、一番最初に起動した時に、まともに表示されず、白っぽくなっていますが、一旦ログインをやり直すと解決できるので、これはバグの可能性があります。
これも、いずれアップデートを重ねると改善されていくと思います。

あとは、気長に改善されるのを待っているのがよろしいかと思います。

ともあれ、今のところは、実用レベルでは全く問題なく(印刷問題も解決いたしました)稼働しています。

今度は、少々気になる、AMDから提供されているRADION系のドライバが使用できなくなることが記事に書いてあったので、試してみたいと思います。
Compizが動作確認できればまずは良いかと思っています。

さて、それは後ほどご報告いたします。


新品価格
¥1,540から
(2016/5/5 22:46時点)

0 件のコメント: