2016年5月25日水曜日

Linuxカーネル4.6が登場

Linus Torvalds氏は5月15日、「Linuxカーネル4.6」を公開した。USB 3.1 SuperSpeedPlusのサポートや分散ファイルシステム「OrangeFS」へのカーネルレベルでの対応など、多数の機能が加わっている。

 Linuxカーネル4.6は3月中旬に公開されたLinuxカーネル4.5に続く最新版で、7回のリリース候補(RC)版リリースを経て正式版となった。

 本バージョンの新機能としては、まずUSB 3.1 SuperSpeedPlus(SSP)プトロコルがサポートされたことがある。USB 3.1 SuperSpeedPlusでは最大10Gbpsでの伝送が可能で、同プロトコルをサポートしたストレージと高速なやりとりが可能になる。

 また、新たに分散ファイルシステムOrangeFSが実装された。OrangeFSは1993年にスケールアウト型の並列ストレージシステムとして開発され、PVFSという名称で呼ばれていたもの。さまざまなツールやライブラリ経由でアクセスできるほか、マウントして一般的なファイルシステムのように扱うことが可能となる。

 メモリが不足した状態になった際にプロセスを自動的に停止させるOut Of Memory task killer(OOM killer)の信頼性を強化するため、oom_reaperという特別なカーネルスレッドが追加された。また、Intelの次期CPUで搭載予定のメモリ保護キーのサポートも加わっている。

以降、及び参照元 OSDN Japan より

今回のカーネルは、かなり大胆な作りをしたとのことで、セキュリティ面での強化もうたわれています。さて、非常に魅力的なカーネルではありますが、longtermになってからでも遅くはないと思いますので、それまでは4.4系を引き続き使っていく予定です。

とはいえ、Ubuntu 14.04LTSからしばらく様子見と言っておきながら、あっさりUbuntu16.04LTSへ乗り換えてしまった私が言っても納得感ゼロですが。(笑)

2016年5月22日日曜日

ノートPCのKali Linux 2.0へカーネル4.4.11を入れました

もともと4.4.10を入れていたこともあり、さくっとコンパイルして入れてしまいました。
よく使っているnmapやhping3、Wiresharkなど常用しているペネトレーションテスト用ツールは問題なく動作しています。

あとは、SSDを入れれば更に快適になるかと思いますが、Ubuntu 16.04 LTS MATE版のノートPCのバッテリーを何とかするのが先な
ので、本ノートPCのSSD化はちょっと先送りになりますが、今のスペック(i7 4コア8スレッド 2.4GHz 8GBメモリ、500GB HDD)でも十分すぎるため、まあ先送りでもOKですね。

ちなみに、WiFiモジュールを5GHz帯でも使用できるものへ変更した際に、電波の掴みがいまいちでしたが、現状はサクッと接続できています。
ドライバーも改善されているようで、ますます手放せなくなってきました。(笑)

ちなみに、カーネル4.4.11の主な変更点については、割愛させていただきます。


新品価格
¥5,544から
(2016/5/22 13:09時点)

2016年5月21日土曜日

Ubuntu 16.04 LTSのカーネルを4.4.11へ更新

先だって、4.4.10が出たばかりかと思っていましたが、すでに出ていたのでchangelogも見ずに、ソースをコンパイルしてメインで使用しているi7(メモリ8GB,HDD 2TB)のディスクトップPCのUbuntu 16.04 LTS MATE版をアップデートしました。

改めてchangelogを見てみると、
・nf_conntrack: avoid kernel pointer value leak in slab name
・drm/radeon: fix DP link training issue with second 4K monitor
・drm/i915/bdw: Add missing delay during L3 SQC credit programming
・drm/i915: Bail out of pipe config compute loop on LPT
・drm/radeon: fix PLL sharing on DCE6.1 (v2)
・Revert "[media] videobuf2-v4l2: Verify planes array in buffer dequeueing"
・get_rock_ridge_filename(): handle malformed NM entries
等など

サブマシンのRadionのグラボがのっているマシン(FX-8350 OC 4.5GHzで常用)でも、4Kは使っていないので、現状でも問題はなさそうですが、やっぱり枯れたカーネルは使いたいもの。
(私の環境に関係なくてもw)
よって、これからLinux Mint 17.3, Kali Linux(デスクトップ&ノートPC)も更新をしていきます。

ちなみに、まだUbuntu16.04 LTSは時々いくつかのパッケージが出てきていますが、これもまた枯れていく方向にあるので、ウエルカムです。

安定かどうすれば、OK !
ということで、これから引き続き更新をかけていきます !

新品価格
¥1,540から
(2016/5/21 15:03時点)

2016年5月11日水曜日

Ubuntu 16.04 LTS のChromiumでflashを使う

Ubuntu 16.04 LTSに限らず、ブラウザはChromiumをデフォルトとして使用していますが、radikoなどで使用しているflashには対応していないため、あとからインストールすることになります。
下記のコマンドを打ち込んでChromiumを再起動させると使用できますので、お試しください。

$sudo apt-get install browser-plugin-freshplayer-pepperflash

参考 UbuntuHandbook


新品価格
¥1,540から
(2016/5/8 12:09時点)

2016年5月10日火曜日

サブのデスクトップPCにインストールしているLinux MINT 17.3 へカーネル4.4.9を入れました

サブのデスクトップPC(CPU AMD FX-8350 OC 4.5GHz)にカーネル4.4.9を入れました。
さすがに、コンパイル時には簡易水冷のファンが爆音を立てて回りますが、今のところBIOSの設定で、我が家では4.5GHzが安定しているようなので、この設定でカーネルをコンパイル。
今のところ、こちらも全く問題なく動作しております。
Linux Mint 17.3 Rosaは2019年までのLTSとなっているため、このマンシとともに使い続けていきたいと思います。

ちなみに、HDDを交換して、Ubuntu 16.04
LTSを入れた時には、AMDのRadeonドライバはインストールできない状況となっていました。
ドライバ検索では引っかからず。
とはいえCompizもグリグリと動作していたので、よさ気な感じでしたが、グラボ(AMD Radeon XFX 7770を2枚刺しにしてCrossfireが使えるか見てみましたが、設定項目がなく、結果としてUbuntu16.04 LTSでは、現状使えないようです。
いずれ何処かの方がこのあたりのドライバを作る可能性もありますが、まあ困っているわけでもなく、テスト的にRadeonとUbuntu 16.04LTSの相性を見てみたかったので、トライした状況です。

ちなみに、我が家の環境では、Ubuntu 16.04LTS上でカーネルをコンパイルすると、発熱がひどく途中でフリーズすることがありました。
よって、FX-8350 OC 4.5GHzで使用する場合は、Linux Mint 17.3(MATE版使用)は実績があるので、今度はUbuntu 16.04 MATE版で実験をしたいと思います。


新品価格
¥24,528から
(2016/5/6 14:19時点)

2016年5月8日日曜日

メインのノートPC Ubuntu 16.04 LTSのカーネルを4.4.9へアップしました

連投でのカーネル更新で、申し訳ございません。
先だって、メイン使用のノートPCにインストールいたしましたUbuntu 16.04 LTSへカーネルを4.4.9へアップいたしました。
今のところ、不具合も顕在化せず、安定して動作しています。

ちなみに、MATE版故に、デスクトップPC、Kali Linux(壁紙は違いますが)、メインのノートPCすべて同じテーマのアイコンを使用しているため、判別がつきにくいのですが、CPUがそれぞれ異なっていますので、その差異ぐらいでしょうか。

こちらは、前回にも書きましたが、バッテリーがご臨終状態のため、購入検討をしなくてはと考えています。とはいえ、あまり待ちだして使用しないこと、バッテリーだけでの連続使用はいいところ1時間ほど、(CPU換装の影響大)なので、行く先々ではACコンセントの有無を確認してから、持ち出すか否かを判断します。

こちらも後は、SSDへの換装を検討すれば、もういじれるところはないので、この2つを残りの改造点として行きたいと思います。まずは、バッテリーですね。


新品価格
¥1,540から
(2016/5/6 11:45時点)

2016年5月6日金曜日

Kali Linuxへカーネル4.4.9を入れました !

最近、カーネルの更新ネタばかりで申し訳ございません。
longtermとなった4.4系でKali Linuxが現状安定して動作しているため、引き続きこのカーネルのバージョンで使っていきます。

CPUは、もうこれ以上のものはバッテリーの持ちが悪くなるため、今度はやはりSSDの導入を検討すべきかと思いますが、カーネルコンパイルを実施するので、寿命がものすごく心配しています。昨今は、DC向けもSSDを使い始めていますので、書き込み回数については、以前のように気にする必要性はないのかもしれません。
また、プチフリ現象がWindowsではよく聞かれましたが、これも昨今は殆ど聞かれなくなりました。それだけ改善されてきたのだと思います。
価格もこなれてきたこと、バッテリーのみの使用時間の延長も考慮して検討したいところですが、まずはメインのノートPCのバッテリがご臨終状態なのにで、まずはそれが最優先かと。
こちらは、結構いたしますので、ちょっと先になります。

新品価格
¥5,645から
(2016/5/6 10:45時点)

2016年5月5日木曜日

サブのデスクトップPCにインストールしたUbuntu16.04LTSのカーネル4.4.9に更新 !

AMDのCPU A10-6800Kを搭載したサブのディスクトップPCに、カーネル4.4.9をインストールいたしました。
もともと、Ubuntu 16.04 LTSは、カーネル4.4系を実装しているので、特に問題なくコンパイル、インストールができました。

ただ、Ubuntu 14.04LTSで使用できていたアプリが16.04で使用できなかったりしますので、気をつける必要があります。(EPSONのプリンタードライバーのdebパッケージは、依存関係の問題で使えませんでした。)

また、14.04 LTSではデフォルトでインストールできなかったffmpegがインストールできるようになったのは助かりました。

MATE版では、パネルのところの時計の表示が、一番最初に起動した時に、まともに表示されず、白っぽくなっていますが、一旦ログインをやり直すと解決できるので、これはバグの可能性があります。
これも、いずれアップデートを重ねると改善されていくと思います。

あとは、気長に改善されるのを待っているのがよろしいかと思います。

ともあれ、今のところは、実用レベルでは全く問題なく(印刷問題も解決いたしました)稼働しています。

今度は、少々気になる、AMDから提供されているRADION系のドライバが使用できなくなることが記事に書いてあったので、試してみたいと思います。
Compizが動作確認できればまずは良いかと思っています。

さて、それは後ほどご報告いたします。


新品価格
¥1,540から
(2016/5/5 22:46時点)

2016年5月1日日曜日

メインのノートPCへUbuntu 16.04LTS+カーネル4.4.8を入れました !

メインで使用しているノートPCになんだかんだ言って、とうとうUbuntu16.04LTS MATE版をクリーンインストール(必要なデータ、ファイルは事前にバックアップ)、その後カーネル4.4.8をインストール。ここまでは、順調。

多分引っかかるとしたらプリンタードライバ。
エプソンのPX-046Aを無線LANで自宅で共有しているので、これのドライバをEPSONが提供しているドライバをインストールするもNG.
仕方がないので、ソースをコンパイルしてインストール。

うまくネットワーク越しに検索でき、無事にカラー印刷ができるようになった !

とりあえずは、この環境でしばらく戦えるかな。

その前に、やはりバッテリーがヘタってきているので、交換したいところ。
しかしながら、これが思っていた以上に高いので、年内購入を目標に、少しずつ小銭をためて購入いたします。

ちなみに、Compizもグリグリ動き、ついでにアイ
コン、外観も変更して黒を基調としたものにしました。これも「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」の映画の影響ですね。

あっ、そうそう最近値下がりが大きいSSDも欲しいですね。

とりあえずは、基本的なものはこのノートにインストールしておきますか。
(何が基本的なのかは、個人的にペネトレーションテストができる環境を考えていますので、それの関係のものです。Kali Linuxは別途ありますが、それとはまた別に使いたいため。)


新品価格
¥2,916から
(2016/5/1 19:35時点)