2016年3月27日日曜日

Ubuntu 16.04とは

ランチャーが動く !

Ubuntu Unity に対する最大の批判の 1 つは、登場当初からコンフィギュレーション オプションが欠けていたことです。特に、画面左端に永久的に固定されているランチャーについて言えることです。これは 16.04 で終わりです。Marco Trevisan の努力のおかげで、Unity ランチャーは画面左端から下方に移動できるようになります。ランチャーの最小化 (アイコンを並べたドックのよう
な使い方) はできませんが、アイコンの大きさを変えたり、自動的に隠す設定にすることはできます。

スパイウェアがなくなる!

まず初めに、私はオンライン検索結果の活用をスパイウェアと考えたことはないことを宣言しておきます。実際私は、オンライン検索結果はAmazon などで製品を探す際の効率的な方法だといつも思っています。それはそうなのですが、16.04 のリリースでこの機能は無効化されました。もちろん、設定 > セキュリティー&プライバシー> 検索でこの機能を再度有効化することはできます。

Ubuntu Software Center が変わる !

「大幅期限遅れ修正」を提供していた部門において、Canonical はようやく Ubuntu Software Center を廃止し、代わりに、よりスマートで、きびきびとした GNOME Softwareを採用します。
Canonical の観点からすると、GNOME Software に移行した 1 つの大きな決断の理由は、Snaps のサポートが容易になるからです。実際のところ、Ubuntu Software Center は長い間ひどいツールでした。今回の移行はすべてのユーザーの Ubuntu 体験を大きく改善するでしょう。

ソース Linux.com より


ランチャーが動くのは良いですね。とは言え、私は既にMATE版へ移行してしまっているので、あえてUnityを使おうとは今の所考えていません。

あと、Software Centerがようやく変わるとのことで、こちらは良いのではと思います。

さて、カーネルですが、やはり4.2系を使うようです。
4.2系は既にEOLを迎えてしまっているので、4.1系もしくは4.4系でも良いと思いますが、しっかりとサポートしてくれるのであればよしとしましょう。
ちなみに、私の場合は、自分で4.4系にしてしまうと思いますが。

ちなみに、Mirも一部テスト的に使えるようですが、まだまたまともに動作していないようです。
こちらは、次のバージョンになるかもしれません。

さて、既にUIは見慣れたものになっており、ひと目では違いがわからないと思いますが、内部は随分と改善されているようなので、このバージョンから、SSDの導入を検討してみようと思っています。


新品価格
¥6,780から
(2016/3/27 15:03時点)

2016年3月21日月曜日

hping3について、そして VS カーネル4.4

当サイトへhping3の使い方を探してくる方がいらっしゃるようなので、少しだけ紹介いたします。
[ 注意 ]
閉じたローカルの範囲でテスト的に行う以外は、本サンプルを用いて実際に特定のサーバーへ実施するのは攻撃とみなされる場合があるため(サイトの遠隔からのセキュリティチェックも実施される場合は、サイト管理者、サーバー管理者の同意を得るなど、予め合意している必要があるため)、悪意ある目的での使用は避けてください。


 #hping3 -c 10000 -d 120 -SF -w 64 -p 80 --flood --rand-source XXX.YYY.ZZZ

-c 10000 : パケットを10000回送信
-d 120 : 送信パケットサイズ
-SF : SYN+FINパケットのみ送信
-w 64 : TCP ウインドウサイズ
-p 80 : 対象はポート80
--flood : Flood モード
--rand-source : 送信元のIPをランダムに偽装
XXX.YYY.ZZZ : ターゲット・ホストまたはIPアドレスでもOK

いわゆるDDosとなりますが、昨今のマシンは、1台からこのようなものを送られても痛くも痒くもありません。我が家で使用している特にカーネル4.4系では、1秒間に350万のSYN攻撃に耐えるように作られており、この記事を書いているLinux Mint 17.3のカーネル4.4.6上では、Kali Linuxからの上記パケットには、全く影響がでず、サクサクです。
もっとも、今どきのOSはこの程度では全く影響しないでしょう。
とはいえ、大量のボットから一斉攻撃を喰らうと、サービスの稼働が低下します。

その他
-v --versionの表示
-c --count パケットカウント
-i --interval (マイクロ秒のインターバル 例  -i U1000 1000マイクロ秒の間隔)
--fast : -i u10000 =1秒間 10パケット (-i U1000の別名)
--faster : -i u1000 =1秒間 100パケット
できるだけ速くパケットを送信
--flood : 返信を表示しない
-I --interfaceインタフェース名(それ以外の場合は、デフォルトルーティングインターフェイス)
-V --verbose 冗長モード

一応、以下上記を含む全てのオプションを載せておきます。

usage: hping3 host [options]
-h --help show this help
-v --version show version
-c --count packet count
-i --interval wait (uX for X microseconds, for example -i u1000)
--fast alias for -i u10000 (10 packets for second)
--faster alias for -i u1000 (100 packets for second)
--flood sent packets as fast as possible. Don't show replies.
-n --numeric numeric output
-q --quiet quiet
-I --interface interface name (otherwise default routing interface)
-V --verbose verbose mode
-D --debug debugging info
-z --bind bind ctrl+z to ttl (default to dst port)
-Z --unbind unbind ctrl+z
--beep beep for every matching packet received
Mode
default mode TCP
-0 --rawip RAW IP mode
-1 --icmp ICMP mode
-2 --udp UDP mode
-8 --scan SCAN mode.
Example: hping --scan 1-30,70-90 -S www.target.host
-9 --listen listen mode
IP
-a --spoof spoof source address
--rand-dest random destionation address mode. see the man.
--rand-source random source address mode. see the man.
-t --ttl ttl (default 64)
-N --id id (default random)
-W --winid use win* id byte ordering
-r --rel relativize id field (to estimate host traffic)
-f --frag split packets in more frag. (may pass weak acl)
-x --morefrag set more fragments flag
-y --dontfrag set dont fragment flag
-g --fragoff set the fragment offset
-m --mtu set virtual mtu, implies --frag if packet size > mtu
-o --tos type of service (default 0x00), try --tos help
-G --rroute includes RECORD_ROUTE option and display the route buffer
--lsrr loose source routing and record route
--ssrr strict source routing and record route
-H --ipproto set the IP protocol field, only in RAW IP mode

ICMP
-C --icmptype icmp type (default echo request)
-K --icmpcode icmp code (default 0)
--force-icmp send all icmp types (default send only supported types)
--icmp-gw set gateway address for ICMP redirect (default 0.0.0.0)
--icmp-ts Alias for --icmp --icmptype 13 (ICMP timestamp)
--icmp-addr Alias for --icmp --icmptype 17 (ICMP address subnet mask)
--icmp-help display help for others icmp options

UDP/TCP
-s --baseport base source port (default random)
-p --destport [+][+] destination port(default 0) ctrl+z inc/dec
-k --keep keep still source port
-w --win winsize (default 64)
-O --tcpoff set fake tcp data offset (instead of tcphdrlen / 4)
-Q --seqnum shows only tcp sequence number
-b --badcksum (try to) send packets with a bad IP checksum many systems will fix the IP checksum sending the packet so you'll get bad UDP/TCP checksum instead.
-M --setseq set TCP sequence number
-L --setack set TCP ack
-F --fin set FIN flag
-S --syn set SYN flag
-R --rst set RST flag
-P --push set PUSH flag
-A --ack set ACK flag
-U --urg set URG flag
-X --xmas set X unused flag (0x40)
-Y --ymas set Y unused flag (0x80)
--tcpexitcode use last tcp->th_flags as exit code
--tcp-timestamp enable the TCP timestamp option to guess the HZ/uptime

Common
-d --data data size (default is 0)
-E --file data from file
-e --sign add 'signature'
-j --dump dump packets in hex
-J --print dump printable characters
-B --safe enable 'safe' protocol
-u --end tell you when --file reached EOF and prevent rewind
-T --traceroute traceroute mode (implies --bind and --ttl 1)
--tr-stop Exit when receive the first not ICMP in traceroute mode
--tr-keep-ttl Keep the source TTL fixed, useful to monitor just one hop
--tr-no-rtt Don't calculate/show RTT information in traceroute mode

これを色々と組み合わせると、面白いこともできますが、上記注意事項にもありますことを、注意されてください。



新品価格
¥3,240から
(2016/3/21 20:22時点)

Linux Mint 17.3 Rosaにカーネル4.4.6を入れました

サブマシンとして使用しているデスクトップPC FX-8350をOCで4.5GHzにして、簡易水冷を取り付け、RADION XFX 7770 枚挿しのクロスファイアで使っているLinux Mint 17.3へカーネル4.4.6を入れました。

特に私の環境では、影響はないので、変える必要性はなかったのですが、枯れたカーネルはより安定性があるのでよいと考え(Changelogは見ますがアーキテクチャー上影響はないものでも)入れ替えてしまっています。これが、仕事で使う場合はそうは簡単にはいきませんがプライベートならではの手軽さで、最新のカーネルがてにはいりますから嬉しい限りです。

さて、次はメインのPCやノートPCを同じカーネルに入れ替えることにします。


2016年3月19日土曜日

16.04でのfglrxの提供終了

AMDのGPUを利用する人にとっては,16.04へのアップグレードを悩む必要がありそうです。16.04では既存のAMD向けプロプライエタリドライバであるfglrxが提供されなくなるためです。
「16.04にはfglrxを含めない」という判断には2つの理由があり,ひとつはXenialで利用されるXServer 1.18をCatalystがサポートしないことです。AMDがこのバージョンに対応するCatalystを提供しないので,ユーザーがamd.comからドライバをダウンロードしてCatalystを利用することもできません。
これらについてCanonicalで対応作業を行うプランも否定されており,基本的にはfglrxは今後のUbuntuで利用できる道がないことを意味します。Canonical以外のLinuxディストリビューションベンダーがサポートに手を挙げる可能性はあるので,こうした場合にはUbuntuでも対応される可能性が残されています
もうひとつのfglrx廃止の理由は,「AMDの協力によって開発されているオープンソースドライバである,amdgpuが成熟しつつある」ということです。amdgpuは以前のオープンソースドライバ(radeonドライバ)に比べると非常にパフォーマンスが高く,対応するチップであればfglrxに匹敵する性能を出すことができます。また,AMDは今夏にも「amdgpuドライバをベースとした,新しいLinux向けCatalyst」をリリースするだろうと見られており,将来性も問題ないと考えられます。
一方で,fglrxからamdgpuへの切り替えは,いくつかのデメリットをもたらします。
最大の問題は,amdgpuは今のところ,比較的新しい世代のGPUだけをサポートしており(「実験的」でないサポートはVolcanic Islands世代だけ「実験的」サポートがSea Islands世代),対応していない環境が数多く存在することです。未対応のGPUではradeonドライバを利用するしかありません。これにより,「16.04にアップグレードしたらGPUの性能が生かせなくなった」という事態を引き起こすことになります。
加えて,amdgpuはまだ一部の処理では性能が出ていない状態であり,さらにOpenGLを要求する処理の一部では正常動作しないこともあります。
こうした制約と,AMDからリリースされる「新Catalyst」がamdgpuベースになるであろうことから,Ubuntuのアップグレードをしばらく見送り,動作状態を確認してからという選択もありえます。14.04 LTSのサポート期間は2019年4月までですから,まだ急ぐ必要はありません。

ソース gyho.jp より

AMDは、オープソースに対してとてもよく理解を示し、開発にも協力的であったことを示す、何よりの結果だと、いい見方をすれば解釈できますが、古いグラボのサポートが非常に気になったりしますので、ここは是非継続してほしいと思います。
あとは、NVIDAがAMDと同様に協力的であれば何よりなのですが、そうでないことは過去のリーナスからの言動などからうかがい知ることができますので、是非これを刺激としてとらえていただき、頑張って頂ければと思います。

新品価格
¥1,490から
(2016/3/19 21:04時点)

2016年3月16日水曜日

打倒オラクル マイクロソフト、リナックス版SQLサーバーを投入 ! !

マイクロソフトは、自社のデータベースソフトウェアをリナックス(Linux)に対応させる。大企業を誘ってオラクルから市場シェアを奪おうとする同社の努力をさらに進化させたかたちだ。

マイクロソフト「SQLサーバー」のコアデータベースは、来年の半ばにリナックスに対応する予定だ。企業ユーザーは3月8日から、リナックスのディストリビューションのウブントゥ(Ubuntu)上でプライベート・プレビュー版に登録できる。

以降、詳細はこちらをご覧ください。

まだ、ビル・ゲイツが先頭に立ってマイクロソフトを牽引していた時には、敵視していたオープンソースやLinuxが今では真逆の方向に向かっているように見えます。
IT業界はドッグイヤーといわれるほど技術の流れがとても早い業界ですが、これが何を意味するのかは、言わずともご存知かと思いますが、ISPなどのサーバー群はかなりの台数がLinux系で稼働しています。しかも、ミッションクリティカルな分野まで広がってきています。

そんな中、もうデスクトップ分野ではほぼ独占状態にあるWindowsはそこから脱却するには円ープライズ業界へさらなるテコ入れが必要になってくるはずですが、すでにそこには巨大なオープーソースのサーバー群が立ち並び、牙城を切りくずことはほぼ困難な状況となっています。
したがって、このような状況の中で生き残っていくには、やはり手を握り合って進めていくことがよしと判断したことによるものと思われます。これは、とても良い選択です。

さて、上記の記事から、今後はオープーンソース上でのデータベースの覇者オラクルとの戦いに挑もうとしているようです。とはいえ、オラクルは、以前よりLinux対応のデーターベースには実績が相当あるため、なかなか難しいところがあるかと思います。
もし戦うならば、オラクルのライセンスや保守メンテ費用に対抗できる数字と、オラクルのデータベースより性能面でも凌駕する数字を提示しなければなりません。
ただ、Linux版がでました、では、すでにオープンソース系のデーターベースも世界中に沢山稼働している状況が現実としてありますから、今後のマイクロソフトの動向は目が離せないかと思います。

本件、引き続きウォッチしていきたいと思います。


新品価格
¥1,540から
(2016/3/13 20:51時点)

2016年3月15日火曜日

A10-6800K 4.5GHz のUbuntu 14.04 MATEへカーネル4.4.5を入れました !

AMDのCPU A10-6800Kをオーバークロックして、4.5GHzで常用しているデスクトップPC Ubuntu 14.04 MATEのカーネルを4.4.5へ入れ替えました。
FX-8350の4.5GHzと比較した際には、やはりコア数の違いによることがコンパイルの時間にも影響しているようです。とはいえ、とてもストレスがなくサクサク使えるので、今後もこのマシンは引き続きつい続けられそうです。

既に、この上のバージョンでA10-7870Kがありますが、GPU部は我が家のマシンではnVIdiaのGeForce GTX 580を使っていますので、総合的にはまだまだこのCPU(APU)でもいけるようです。

更に高速に使用を考えると、やはりSSDとグラボを見直しが良いかと考える。

ただし、そうまでして何をするのか、ということを考えれば、今の構成で十分。

ちなみに、最近の我が家のデスクトップPCは全てOCして4.5GHz以上になっているので、ちょっと電気代が・・・

まあ、カーネル、OSもLTSなので、長く付き合います。


新品価格
¥1,540から
(2016/3/13 18:14時点)

2016年3月13日日曜日

Linux Mint 17.3へカーネル4.4.5を入れました !

最近、カーネルの更新ぐらいで、ネタがないのかと叱られそうですが、仕事が忙しくてなかなか更新出来ていないところが本音です。

さて、早速サブマシンのデスクトップPC FX-8350 ~C 4.5GHz常用、RADEON XFX 7770 X  2
1TB HDD 8GB メモリーのLinux Mint 17.3のカーネルを4.4.5へ更新しました。
ちなみに、カーネル4.4系はLTSのようで、今後はlogtermになると思われます。


Linuxの4.4カーネルシリーズサポート長期の第五の更新でカーネル開発者によって実装変化の中で、我々は、ARM64(AArch64)、ARM、MIPS、PA-RISC、およびx86ハードウェアアーキテクチャにに、更新情報をさまざまな修正を挙げることができます。ATA、GPU(主にAMDGPU、のRadeon、およびIntel i915)、I2C、IOMMU、MTD、PCI、USB、およびVFIOだけでなく、いくつかのコアカーネルの改良しました。

また、Linuxカーネル4.4.5 LTSは、多くの改善されたドライバとサウンドスタックを更新し、はBtrfs、CIFS、およびJFFS2ファイルシステムのためのいくつかの問題が修正されます。

詳細は、こちらをご覧ください。

なかなか、現状は快適に動作しています。これを皮切りに、他のマシンも一斉に4.4.5へ切り替えました。魅力はLTSですね。



新品価格
¥6,380から
(2016/3/13 15:01時点)

2016年3月6日日曜日

Linux Mint 17.3 MATE へカーネル4.4.4を入れました !

サブマシンとして使用しているAMD FX-8350 4.5GHz OC版のデスクトップPCのLinux Mint 17.3 MATEへ先だってリリースされたカーネル4.4.4へ入れ替えました。

今回は、4.1系から一気に4.4系へ移行したので、ひょっとするとどこかに問題が発生するかもしれまんが、現時点では非常に安定して使えています。

あと、FX-8350 4.5GHz をオーバークロックしていることもあり、非常に快適です。

あとは、
・メインのディスクトップには、Ubuntu 14.04.3 LTS MATE版
  i7 4790K OC版
・サブマシンのUbuntu 14.04.3 LTS MATE版 A10-6800K  4.5GHz OC版
・ノートPC i7 3720QM Ubuntu 14.04.3 LTS MATE版
・ノートPC i7 2760QM  Kali Linux 2
これらを全て、順次4.4.4へ入れ替えていきます。

とりあえず4.4系がEOLになりませんように。



新品価格
¥6,390から
(2016/3/6 16:22時点)

2016年3月2日水曜日

Ubuntu 14.04.4 LTSのリリース !

14.04 LTS系列の最新ポイントリリース,14.04.4がリリースされています。

基本的には「14.04を最新の状態にアップデートし」「15.10ベースのHWEをインストールした」状態のインストールメディアです。

詳細は、下記をご覧ください。

ソース Gihyo.jp より

新品価格
¥1,540から
(2016/2/28 11:55時点)

2016年3月1日火曜日

Ubuntu 16.04 Beta 1がリリース ! !

なんと、Ubuntu 16.04 Beta 1版がリリースされました !

今回、リリースされるのは
・ Lubuntu
・ Xubuntu
・ Ubuntu MATE
・ Ubuntu GNOME
・ Ubuntu Kylin
です。

下記のソースから、それぞれのBeta 1版がダウンロードできます。
チャレンジャー、もしくはLTS版としてより品質の高いものをリリース時に送り出すための助力として、積極的に不具合を出してレポートを送るのも非常に良いと思います。
ちなみに、私は今のところ14.04LTSでしばらく突き進みます ! !

これと同時に,Beta 2が3月24日(現地時刻)にリリースされることも記載されています。

ソース ONG ! UBUNTU ! より

新品価格
¥1,540から
(2016/2/27 20:17時点)