2011年11月17日木曜日

Linux Mint 12 RCがリリースされました


Linux Mint 12 RCがリリースされました

GNOME3と、Mint GNOME Shell Extensions(MGSE)を実装、特にMSGEは、Task-Centerが下部の方へ移動したようなShellで、ここから先は,実際にLive版を見てからでないと何ともいえないところではありますが、機能的にはUbuntuベースで作成されていること、Unityは実装されていないが、GNOME3を実装しているため、使い勝手がどのように変わるかは、やはりGNOME3の延長線上であると思われる。個人的にはUnityに慣れてしまったため、Mint 12が正式リリースされたのちに試してみますが、あまり変わらないのではと思っています。MGSEメニューを見る限りでは、Unityよりちょっとクラシック的ではあるがさっぱりしていて個人的には好感がもてます。Ubuntuをベースにしているため、この手のディストリビューションは、あとはウインドウマネージャーをどのように独創的に作り上げるか、といったところに集約されて、それがユーザ側にどのように受け入れられて、気に入られるか、それにより開発者のモチベーションが上がります。その意味では、Mintは非常にシンプルではありますが、ベースがUbuntuでありますのでしっかりしていること、ゆえに軽快に動作しますので、人気があるのだと思います。
また、カーネルのバージョンが上がっていますので、最近のマルチコアに対応していることもあって、より快適に動くでしょう。
今のところ、まだRCレベルなので、まだ試そうとは思いませんが、正式リリースされたら是非試してみたいディストリビューションの一つですので、リリース後改めて使用感など報告いたします。

0 件のコメント: