2011年11月29日火曜日

自動車産業をオープン化する ! !


「自動車産業をオープン化する」、トヨタやBMWがAutomotive Linux Summitで講演
ITproより

「自動車はモバイルインターネットデバイスになる。自動車産業をオープン化する」(トヨタ自動車 第1電子開発部主査 村田賢一氏)--。2011年11月29日、横浜で開催されたイベント「Automotive Linux Summit」でトヨタや独BMWの開発担当者が自動車でのオープンソースソフトウエア(OSS)活用について講演した。
同イベントを開催したのはThe Linux Foundation。Linus Torvbalds氏がフェローとして在籍するLinux普及推進のための非営利団体である。Automotive Linux SummitはThe Linux Foundation初の、自動車におけるLinux活用をテーマとしたイベントとなる。

トヨタは2011年7月、The Linux Foundationにゴールドメンバーとして参加した。次世代車載システムへのLinux採用を見据えてのことだ(関連記事)。実は、村田氏の前職はソニーで、PlayStation3のプロジェクトである、Linuxベースの「Cell OS」開発責任者。このキャスティングからも、トヨタの目指す方向が見えてくる。

自動車業界での共同開発を実際に推し進めているのがGENIVI Allianceである。GENIVI Allianceは、BMW Groupや米General Motors(GM)などの自動車メーカーや米Intelなどが2009年3月に設立した団体(関連記事)。IVIのリファレンス・プラットフォームを開発しており、現在157社がメンバーとなっている。公式認定OSとして、Linuxディストリビューション「MeeGo」を採用している。

どこまでオープン化するのか記事上からは読み取れませんでしたが、トヨタがコアで握っているハイブリットエンジン部分は絶対に公開しないことでしょう。おそらくナビゲーションシステムや自動車衝突防止システムなど、世界的に共通規格として通した方がよいものを、オープン化していくのではと個人的には考えています。何でもかんでもオープンにしてしまうと、どこぞの国がまるっきり同じものを作ってしまい、日本のコア技術が盗用されかねないので、トヨタもその辺は考えての"オープン化"だと思いますが、今後の動向には目が離せませんね。

0 件のコメント: