2011年11月21日月曜日

25ドルのコンピュータ「Raspberry Pi」開発中 「Quake 3」もサクサク


英国の慈善団体Raspberry Pi Foundationが、25ドルという格安コンピュータを開発中です。

 格安マシン「Raspberry Pi」はARMプロセッサとUbuntu Linuxを搭載。最初の製品はクレジットカード程度の大きさで、。テレビにつないだり、タッチスクリーンと組み合わせられ雨用設計されています。格安コンピュータを作って、子どもにプログラミングを教えるのに使うことが目的です。

 CPUは700MHz、RAMは128Mバイトまたは256Mバイトとスペックは高くありませんが、デモでは「Quake 3」がスムーズに動いています。現時点での出荷予定は2011年11月末となっています。

デモの動画を見る限りでは、非常にスムーズに動いているので驚愕しました。
上記のように、スペックは非常に低レベルですが、ドライバを含むカーネルのチューニングなど、相当苦労したので葉という気がいたします。個人的にうれしいのは、Ubuntuを使用しているところです。
Ubuntu ユーザにとっては、何よりかとおもいますが、それよりも、貧しい子供たちへの格差社会で取り残されずに、最先端のOSを実装したコンピュータを触れる機会が増えることはとても素晴らしいことだとおもいます。
私も、自分の培った経験や技術を人々のために使う機会があれば、参加したいとおもいます。
なぜなら、人は自分一人だけでは生きていけないから,そして、誰かのために、自分の技術と経験がいかされるため、私としてはぜひこの様な慈善団体が日本でもあれば参加したいところです。

0 件のコメント: