2011年2月27日日曜日

Ubuntu 上級活用マニュアル



Ubuntu 上級活用マニュアル
対象のUbuntuは、10.04 LTSです。10.10についても別途追記があります。
上級とは書いてはありますが、雑誌などにて物足りなくなったUbuntuユーザには、なかなかよい本と思います。一時期、Fedora関係の本が目白押しだったのですが、バージョンアップのスピードに追いつけないのか、自宅にあるFedora 10以降はあまり見かけなくなりました。その意味では、LTSというサポートのおかげで、出てきた書籍としてとらえることも出来ます。
もう少し、Ubuntiをいじり倒したい方には、お勧めいたします。

Linux inside ステッカー 到着 !

米国にある会社が作成していた、「Linux inside』のステッカーが届いたので、早速Ubuntu ノートPCへはりました。想定していた以上に大きかったです。
せっかく貼ったので汚れや傷、紫外線などから守りたかったので、保護シートを別途購入して、上から更に張り付けました。
なかなか、よさげです。
歳甲斐もなく、結構ノートPCのアクセサリーなどにこり始めてしまいました。

2011年2月26日土曜日

HP Pavilion dv6500 ツライチUSB 3.0 54mm カード その4


このように、すっぽりと入ります。
本体が大きいのか、真上からみても全くはみ出さないので、そのままバッグにいれてもOK。
USBメモリや外付けのUSB I/F HDDを接続したのちに、ケーブルやメモリを抜いてもカードは抜けずにいるので、相性もぴったりです。
同機種のユーザーの方には、お勧めの一品です。

HP Pavilion dv6500 ツライチUSB 3.0 54mm カード その3

挿入するとき、こんな感じです。
特にきつくもなく、スムーズに入ります。

HP Pavilion dv6500 ツライチUSB 3.0 54mm カード その2




これが、 ツライチUSB 3.0 54mm カードの現物です。思っていたよりも小さいです。

HP Pavilion dv6500 ツライチUSB 3.0 54mm カード その1

これが、今週届いたPC Express Cardタイプの USB3.0
2ポートあるので、これが使えれば、とても便利。
一応、現在快調に動作しているので、今のところは問題は内容に思えます。

2011年2月23日水曜日

ツライチUSB 3.0 54mm Express Cardモデル到着 !

どうも、あちらこちらで在庫切れがあるようなので、見つけてすぐに購入してしまいました。
(Amazon経由で)
さっそく挿入してみましたが、HP Pavilion dv6500においては、全く問題なく挿入が出来、はみ出すことはおろか、若干引っ込んでいるように見えますので、良い感じです。
OSであるUbuntu 10.04.1でもしっかりと認識をして、試しにUSBメモリステックを挿してみましたが、問題なく動作しました。
もともと、HP Pavilion dv6500 はUSBが標準で3ポートあるのですが、そのうち一つは、ノートPCの冷却装置ように使用(USBからの電源供給のタイプ)、もう一つはワイヤレスマウス用のレシーバが使っています。
よって残りは一つ、しかもUSB2.0なので、時代は3.0ということ、そして54mm幅のカードは現状この種類のものしかないようなので、迷わず購入。
今のところ全く問題無し、安定して使えています。
さすがUbuntu。ノートPCは、Ubuntuのおかげでとても快適に動いています。
実装した所の写真は、週末にでもアップ予定です。
(誰も期待していないですね. . . orz)

2011年2月20日日曜日

HP Pavilion dv6500のキーボードまわり

Ubuntuが入っているので、小さくUbuntuロゴと、ネットで私が好きな番組のHAK5のステッカーをはりました。
なかなか良さげです。
左側が明いているのは、特に意味はなく、そのうちUbuntu関連のシールでもと考えています。
あと、USBのポートが足りないことと、これからはUSB3.0の時代なので、PC Express 54mmのところに入るツライチシリーズを検討中です。

HP Pavilion dv6500のディスクトップの写真

これが、現在私が使用しているノートPC HP Pavilion dv6500のディスクトップ画面です。
反射して見にくくて申し訳ございませんが、compizもサクサク動き、快適です。ちなみに、右上にしっかりとUbuntuログのステッカーが貼ってあったりします。
なかなか、今のところ快調です。

2011年2月19日土曜日

HP Pavilion dv6500 T7250 -> Core 2 Duo T9500の実装状態(BIOS)

これが先だってCPUを交換した、HP Pavilion dv6500のBIOS画面です。
初期購入時はT7250が実装されていましたが、現状はT9500でビシビシ動作しています。
BIOSでもごらんの通り、CPUが認識されています。

クロックアップもさることながら、キャッシュメモリが初期時2M -> 現状6Mへ増えたことが、体感的に早く感じる所かと思います。いずれにしても、まだまだ当分つかえます。

2011年2月13日日曜日

オラクルがRHEL 6.0とコンパチブルのLinuxをリリース

驚きました。私だけかも知れませんが。
あのオラクルが、red Hat Enterprise Linux 6.0のコンパチブルOS ORACLE Linuxをリリースしたようです。
サポートCPUのアーキテクチャはx86 (32-bit) と x86_64 (64-bit) のみのようです。
スクリーンショットをみる限りでは、ちょっと個人的にはデザインを別のものにした方がよいように思っていますが、そこは主観が混じっているのでおいときまして、オラクルは、以前ミラクルLinuxという名称で出していた記憶があり、更にDBは言うまでもなく、OpenOfiice、Javaと、かなりの取り込みをと開発を注いできているようなので、最終的には、Open Sourceをベースに、Microsoft社のように、全てのものを取り込んで、更なる事業拡張を考えているように見受けられます。
今回、リリースされたOSはRHELという継承のようなかたちなので、Microsoftとは戦う市場がちょっと違うのかも知れませんが、いずれクラウド市場に向かうのは見えていますので、そこでどのような戦いが行われるのか、今後要注目の会社と思います。

2011年2月10日木曜日

HP Pavilion dv6500 へCore 2 Duo T9500を実装


この画像のように、ついにMy Note PC 、HP Pavilion dv6500にCore 2 Duo T9500を実装しました。
BIOSレベルでも確認済みです。
これで、当初のT7215(Core 2 Duo 2.0GHz キャッシュ4MByteから、Core 2 Duo 2.6GHz キャッシュ6MByteにアップ致しました。
キャッシュが増えた分、少し体感的に早く感じますが、劇的には早くなってはいません。
そこはおいておき、とりあえずチップセットがサポートしている、現時点での最高スペックになりました。あとは、SSDがもっと安くなり、500GByteのHDDと交換できれば言うことなし。
あっ、そういえばバッテリーがヘタってきているので、こちらも要交換対象。
現在6セルなので、12セルのバッテリーを検討したいと思います。
来月か、再来月を予定。

さて、CPU交換したその感触を、これからいろいろなソフトを動かして楽しみます。

2011年2月6日日曜日

Ubuntu 11.04 Alpha 2がリリースされました

DistroWatch.comによると、Ubuntu 11.04 Alpha 2がリリースされたとのこと。
目につくところとしては
・Linux kernel 2.6.38
・X.Org 1.10
・LibreOffice 3.3
といったところでしょうか。
カーネルについては、現状最新版が2.6.38-rc3まできているので、もう少しで安定版としてFIXされると思います。
あとLibreOffice 3.3は、いろいろともめた上で、Oracle社の元から分離した開発者が継続して立ち上げたOpenOfficeの継続版。今後何事もなく、引き続き順調にLibreOfficeが成長していくことを願っています。

まだ、Alpha 2版ということで、私はLive動作も確認していませんが、気になるところとしては、ブート時間の短縮と、カーネル2.6.38によるプロセスにたいするスケジューラのディスパッチの改善によるディスクトップベースでの動作の向上に期待をしています。
現在、Ubuntu 10.04.1を常用しているので、この昨日だけでもバックポートしていただければと思っています。

2011年2月5日土曜日

CPU T9500の交換

自分では全くもって、ノートPCのCPU交換ができる自身がないので(大抵は、部品が余ったり、どこか破損させたりしますので)、業者に依頼しました。前回と同じところです。
さて、クロックがちょっとだけあがり(2.4GHz -> 2.6GHz)、キャッシュの容量も少し増え(4M->6M)体感上は全く分からないと思いますが、ちょっと古いノートPCの延命と割り切って、後は自宅に届くのを待つのみといったところです。
(実は、少しだけ体感向上を期待してはいるのですが、とても無理ですね。)
おそらく、来週末には到着すると思いますので、今から楽しみです。