2009年10月12日月曜日

ML115は、結局使用中止となりました

基本的には、CPUの温度が高くて、TDPに耐えられずにカローネルのコンパイル途中で必ず落ちてしまいます。(電源も)
よって、この際ケースもかえて(Yahooオークションで安く入手)
・マザーボード A780GM-M3 (V1.0) 約5000円
・CPU Phenom II X4 456 (3.0GHz)
・メモリ 2GBytes x 2 (以前ML115で使用していたもの)
・サウンドボード SB Live! 5.1 (以前ML115で使用していたもの)
・グラフィックボード Geforce 8800 GT (これは以前ML115で使用していたもの)
それから、今回は熱対策としてCPUクーラー「無双」を付けました。
標準で、12cm口径のファンが、CPUのフィンに付いているサイドフロー型で
おまけに反対側にも12cm口径のファンをつけました。
ケースのリアファンは、もともとHP ML115についていたものだけに、音はうるさいが
まあ、これなら許せる範囲としてあきらめました。さらに、フロントにも12cm口径の
ファンを装着。これで、熱対策は準備完了。

さて、OSは、当然CentOS5.3 x86 64bit。
既に使用開始して、ひと月あまりが経過したが、今のところまったく問題は無い状況です。
いまは、このPCがメインマシンと化しています。
ちなみに、カーネルは2.6.30.9を使用しています。

快調の一言につきます。
しばらくは、このマシンで遊べそうです。