2009年6月28日日曜日

復職してからのその後

周期的に、よくなったり悪くなったりする傾向が出てきています。
この辺りは、どうしようもなく、なすがままの状況となっています。

また、発作的な不安が出てくるときがあるので、頓服は常時携帯。
何とも情けない状態です。

少しずつ調子がよくなっている、という所見を主治医やカウンセラーの方には言われるのですが、本人的にはその辺りよくわかっていなかったりしています。
いったいいつになったら楽になるのか、その兆候が身体的に感じられません。

このまま、何年もずっと同様な状態だったらと思うと、非常に辛いです。

2009年6月23日火曜日

復職してしばらくたちました

少しずつではあるが、着実に回復に向かっているようである。
主観的には、よく分からないが主治医の話では、波がありつつ収束している方向にあるとのこと。
でも、土日の休みの日には、率直非常につかれとだるさで終日自宅で横になっているので、はたして回復しているのか、ちょっと気になる。
月曜日が土日の余波(?)で結構厳しいが金曜日にかけて調子が上向きになり、その金曜日などは絶好調になったりする場合があります。

もっとも、翌日には情けないことにダウンしてしまいますが...

現在徐々に、就業時間帯を長くする過程にいます。
ステップ的には、復職間もないので初期段階ですが、早く回復して通常勤務に戻りたいところです。

ただ、あせると回復に時間がかかるため、年齢的なこと、収入のことを考えると、率直なところあせってしまうことは、個人的に避けられないところがあります。

それから、一時期うつ状態がひどいときは全くできなかった、潜在意識の活用について、苫米地さん著書の本を参考に、また再開しようと思います。
(CDつきの本も、アマゾンで買ってしまったりしました...)

さて、まだうつ病の治療が長引くかもしれませんが、とりあえず潜在意識の活用は、今まで以上に活用しようと思います。

2009年6月7日日曜日

復職2週目が始まる

先週の疲れがまだ取れないにもかかわらず、復職2週目に突入。
とりあえず、天気がよければ何とかもつと思う。

しかし、こうも復職に疲れが伴うとは予想していなかっただけに、求職中にもっと体力を付けておくべきだったかもしれない。
ただし、通勤疲れもかなりあるため、こればかりは慣れるしかないといった所でしょうか。

さて、明日からまた頑張るぞ!

2009年6月6日土曜日

うつ病からの復帰 復職第1週目

とにかく、疲れたの一言。
まずは午後出勤かつ短い時間ですが、それでも通勤慣れしていないこともあり、また休職前の仕事で使っていた頭の回転まで半分も到達していない現状も知り、ショックもあります。
本日は午前中に通院、薬を処方していただき、昼食後は夕食の時間まで爆睡状態。
これで、夜が寝られるのかというと、実はしっかりと寝られてしまったりするのです。
睡眠過多かもしれませんが、とにかくだるい、疲れたの一週間でした。

さて、来週は2週目。
少しは、体が慣れていれば幸いです。