2007年5月31日木曜日

サンヨー ポータブルカーナビ ゴリラ を選ぶ際に

サンヨーから発売されているポータブルカーナビ ゴリラの手軽さゆえ、また大画面であること、さらに自走位置にゴリラが現れて案内してくれる事(これは、我が家ではとても気に入っています)、など関心が高いのではないかと思います。

でも、二の足を踏んでいるのが
・取り付け方
・性能

が気になっているのではと思います。
ましてや、いろいろなサイトやショップの方に聞いて芳しくない話などを聞いてしまいますと、なおの事かと思います。

もっとも、参考意見としては十分に価値のある内容かと思いますので、その点を考慮して、実際には自分が使うに当たって
・都心部を良く走るか.
※しかも、絶えず初めて通る道のみ走るのか。
・始終、トンネルを走る事があるのか.
・よく知っている道でも始終使用するのか
等も冷静に考えていただきたいと思います。

確かに、初めての道ではカーナビがあった方がいいですが、それ以降同じルートを走る場合は比較的道順を覚えたりしていますので、都度カーナビを使用することは初めての頃から比較しますと少ないのではと思います。
(例えば自宅周辺などは、覚えてしまいますと使わなくなったりします。)
高速道路も同じです。
首都高などの入り組んだ所では、慣れないと迷ってしまいそうになってしまいます。
しかし、こらも同様かと思います。時々通るレベルでも、私はポータブルカーナビのゴリラでも十分役立ちました。
そんな時は、私はポータブルカーナビのゴリラでも十分役立ちました。

また、行き慣れたところでは、カーナビ機能を使わずに地デジを同乗者が見たりしていますので、その意味では始終は使わないのではと思います。 ※但し、山間部の山沿いやトンネルの多いところは、車速パルスをつないでいるカーナビの方がいいと思います。

このように考えますと、我が家の運転状況では、ポータブルカーナビ ゴリラで十分な満足感を得ています。

ようは、日頃どのように運転されるのかを考えて頂いた後に、決めていただくのがいいかと思います。前述のように、冷静に考えるとポータブルカーナビでも十分な場合がありますので、そのあたりを購入する際に、少しでも頭の片隅に入れていただければと思います。

2007年5月28日月曜日

ポータブルカーナビ ゴリラ 標準では車速パルスが取り込めない件について

ポータブルカーナビの弱点といわれる、車速パルスの取り込みが無い事(オプションでジャイロユニットに取り込みが可能ではありますが)により、何かにつけ不利な記述を見かけます。

もちろん、あるに越した事はありません。
確かに、トンネルの中や高速道路の下などは、確かにその影響はあります。

しかし、日常高速道路の「下」や「トンネルの中」を始終とおっている事が殆どなのかといいますと、おそらくそのようなことは無いと思います。
(恐らく、始終通る方は、道を覚えている方が多いと思われますので、その意味ではカーナビ自体いらないかもしれません。)

現に、私などのような週末しか乗らないドライバーにとっては、地理的なこともあるかと思いますが、その様な状況に差し掛かって非常に困ったといった事は今のところありません。


米国などは、盗難という事情もあり、取り外して持ち運びができるポータブルカーナビが人気とのことです。

さらに、自家用車を複数持っている場合などにもこのポータブルカーナビは、一つあればそれぞれに取り付けて使用することができるため、とてもリーズナブルかと思います。
(登録済みの目的地などは、情報の共有ができるので、選択一発で目的地を案内してくれます。)
もちろん、他の据付型のポータブルカーナビから比べますと単体でもリーズナブルです。

私自身が使っていて特に不便さを感じた事が無いので、他の方の使い勝手と比較にはならないと思いますが、私自身は買ってよかったと思っていますし、特に初めての方、リーズナブルなものをお求めの方には是非お勧めしたいと思っています。

2007年5月27日日曜日

サンヨー ポータブルカーナビ ゴリラのパーキング信号について

手軽さのためか、このサンヨー ポータブルカーナビ ゴリラ(通称:デカゴリラ)の人気もかなりあるかと思いますが、購入してまず困惑してしまうのはいわゆるパーキング信号の事かと思います。
特に、私も含めて車に詳しくない人(特に女性の方も多いかもしれません)等は???といった状況ではないでしょうか。

そこで、私が現在使用している方法をご説明させていただきます。

以前にも書きましたが、パーキング信号に接続せずに、このポータブルカーナビ ゴリラを購入すると標準で付いてくるシガーライターソケットのマイナス部に接続して対応しています。
では、そのマイナス部とはどこを指すのでしょうか?

この写真で本体の金属部が見えるところです。
ここに、私の場合は直接ハンダ付けして使用しています。
もっとも、取れないように出来れば、ハンダ付けにこだわる必要は無いと思います。

これで、このポータブルカーナビ ゴリラは走行中でも助手席の人が運転手の代わりにいろいろと操作して、運転手に対していろいろの情報を伝える事が出来るようになります。
もちろん、モードの切り替えで地デジ(ワンセグ)も見れたりしますので、高速道路などでは助手席の価値は飽きずにいろいろと楽しめるかと思います。

※注意この作業をする事により、運転中でもカーナビが操作できるようになりますが、あくまでもその作業をする方及び運転中に操作をする方の責任において実施してください。(結構、きつい言い方で恐縮ですが、あくまでも自己責任ということでお願いいたします。)

2007年5月26日土曜日

サンヨー ポータブルカーナビ ゴリラ エコドライブ運転をした評価

先達て、私がサンヨー ポータブルカーナビ ゴリラ(通称:デカゴリラ)のエコドライブ情報設定の機能を使用して、自分なりに気をつけて運転した結果です。

ご覧になって分かりますように、非常に悪い結果となってしまいました。
ここで公表するのが恥ずかしい状況です....

今後、改善に努めたいと思います。

ガソリン高騰のおり、少しでも何とかしなければいけませんので。

ポータブルカーナビ ゴリラ 行き先によってルート探索条件を変更しています

このポータブルカーナビ ゴリラにも、
・ 「一般優先」
・ 「有料優先」
・ 「距離優先」
・ 「おまかせ」
のルート探索条件を設定できるようになっています。

通常は、「おまかせ」にすればいいかもしれませんが、たとえば微妙な行き先の場合は、それぞれ個別にルート探索条件を設定して調べてからその時の最善と思われる方法で出向かれていかれた方がいいかもしれません。

たとえば、時間的にあまり変わらない結果が得られた場合は、その時の予算に応じて選択するとか、途中でコンビによるので一般道を使うとか、信号待ちが嫌なので高速を使う等。

そのときその時の状況で、決めていただければいいかと思います。

そうする事によって、カーナビに振り回されて運転するのではなく、人が主体的にカーナビを使って運転できるのではと思います。

ゴリラナビ エコドライブ情報設定中の運転状況

設定は、こんな感じで設定しました。
そして、自宅の周りを暫く走行。そうしますと、


ちなみに、赤いところがNGのポイントです。
まだまだ、運転がこのポータブルカーナビ ゴリラのエコドライブに順応していないようです。
更なる努力をする必要がありそうです。




サンヨー ポータブルカーナビ ゴリラのカバー、ダイソーで買いました


8インチ画面用のものを購入してみました。
暑い時期などは、銀色ということもあり意外といけるかもと思っています。
但し、このポータブルカーナビ ゴリラは別名デカゴリラと言われるほど少々大きいところがありますので、奥行きと丈が若干足りないところがあります。
もっとも、実用上は全く問題ないのでとても重宝しています。

2007年5月25日金曜日

サンヨー ポータブルカーナビ ゴリラ パーキングブレーキの接続について

よく運転中は、カーナビの操作が出来ないように、パーキングブレーキを引いたときのみ操作するカラクリとして、カーナビにパーキングブレーキの信号線と接続する旨の記述などを取扱説明書で見かけたり、ディーラー車などで最初からカーナビがついている場合等もデフォルトで接続されていたりします。
確かに、安全性から見ますとその方がいいのですが、利便性を考えますと私のような素人でもいかがなものかと思うときがあります。

従いまして、我が家のポータブルカーナビ ゴリラはシガーライターのマイナス部位にハンダ付けして、常時パーキングブレーキが効いているように見せかけています。
そうすることにより、運転中でも操作できたりしてとても便利です。
もちろん、助手席の人が臨機応変にいろいろと操作もできますので、運転手はそのカーナビの操作を助手席の人に任せて運転する事が可能となります。
特に、渋滞情報を詳細に見ようとした場合は、とても便利だったりします。

ちなみに、他のカーナビについては分かりませんが、このポータブルカーナビ ゴリラはパーキングプレーキの信号を取れるように結線しないと、VICS情報を取得できないようになっていますので、その意味でも何らかの形で、このパーキングブレーキ信号が接続されているようにする必要があるかと思います。
※ボディーアースでもいいのですが、取り方が分からない方には上記の方法が手っ取り早いかと思います。

注意! この作業をする事により、運転中でもカーナビが操作できるようになりますが、あくまでもその作業をする方及び運転中に操作をする方の責任において実施してください。(結構、きつい言い方で恐縮ですが、あくまでも自己責任ということでお願いいたします。)

2007年5月24日木曜日

ETCの利用照会がインターネットで出来るのを知りませんでした

つい最近知ったのですが、ネット上からETCの利用照会が出来るそうです。

ETC利用照会サービス


ちなみに、我が家では殆どETCを使用しないので、殆ど利用しない状況です。
使うのは、ETC装置に内蔵されているメモリの履歴情報です。
(女性の声で、過去100件まで教えてくれます。)

2007年5月23日水曜日

サンヨー ポータブルカーナビ ゴリラ エコドライブ情報の機能でのアイドリングについて

あまりご存知の方はいらっしゃらないようなので(インターネットでは、殆ど使われている方はいらっしゃらないようなので、勝手にその様に思っています。しかし、実はよく使っていらっしゃったりするかもしれません。)、また少しご紹介を。

エコドライブ情報の中にはアイドリング時間の警告メッセージも出ます。

どのくらいの時間で出るのか、画面上の設定にはどこもその様な設定項目が無かったので、早速取扱説明書を見てみましたところ、

アイドル時間・・・・車両停止時間(一定時間以上の停車をアイドルとします。)

と書いてあるだけで、一定時間とはどのくらいの時間なのか書かれていませんでした。

体感的には、数分のような気がいたします。
(週末の休みにでも、調べて報告いたします。)

ちなみな、以後ずっと停車状態が続くと、数分周期でエンジンを止めるよう警告表示が音とともに出ます。

もっとも、エンジンを切ったらこのポータブルカーナビ ゴリラも電気が切れますので(バッテリーのみの駆動はさすがに考えません。)この表示、???みたいに感じています。

でも、うまく使いこなすと燃料費の節約にはつながるのではと思います

2007年5月22日火曜日

ポータブルカーナビ ゴリラのエコドライブ機能で

本日帰宅時に、駅まで妻が車で迎えに来てくれたので、早速ポータブルカーナビ ゴリラのエコドライブ情報をつけて運転してもらいました。
本人曰く、
「いつも気にしているから」
と開口一番話していましたが、いざ実際に運転してみると、急発進、急な原則、速度超過、にしっかり反応してくれて、私的には
「期待通りに反応してくれた...」
と、予想通りの結果に少々ニンマリ状態でした。

このように、本人が常日頃「大丈夫」、「常に気をつけている」とは言っても、このゴリラのエコドライブ情報の機能にかかるとその真偽が直ぐに分かるので、その意味では独り善がりにならずに、燃費改善の努力をする事が出来ます。

昨日、このエコドライブ情報の画面の写真を撮りましたので、週末にはアップしたいと思います。

ちなみに、その際の運転は私ですが、エコドライブ情報での評価は「最悪」の結果でした。

ゲーム感覚で出来ますので、これからちょくちょくとこのエコドライブ情報の機能を使ってみようと思います。

2007年5月21日月曜日

ポータブルカーナビ ゴリラのエコドラブ情報機能

インターネットを調べてみても、使用している方を探すのは容易ではないようです。

”そもそも、機能としてはあるらしいが使った事が無い”という方が多いのではないかと思います。
(そもそも、そんな機能があること自体、知らない方もきっといると思います。)

”燃費改善”、”出費削減”という我が家の車の維持費を少しでも少なくする為、せっかくある機能であれば使わない手はありません。

ということで、購入して暫く経ちますが、早速使ってみました。
(恥ずかしながら、機能があることを知ってはいましたが、過去1度だけ面白おかしく使った程度です。もったいないですね。)

少し加速すると、または減速すると都度警告画面音とともに出てきます。
(しかも、バックが赤で...)

警告表示が何度もされて、意外と自分では気を使って運転しているつもりでしたが、どうも勝手な思い込みのようでした。

どんな表示なのか、また少し周辺を運転してきた結果など公表しながら、次回以降見ていきたいと思います。

2007年5月20日日曜日

カーナビ ゴリラを使用する際のアンテナについて

我が家では、付属品でついていたアンテナを使用しています。

最近の車は、屋根に短いアンテナが1本ついているのを見かけますので、我が家のファミリーカーもそれに習って(?)一本アンテナにしてみました。

FM VICSによる渋滞情報も拾えますし、地デジ(ワンセグ)も見れますので、今のところ十分かと思います。

別売で、ダイバシティーアンテナもありますが、これは地デジ(ワンセグ)の感度を上げるのに効果があるのでしょうか?

最近あまりこの手のアンテナをつけているのを見かけなくなりましたので、どんなものなのかと思っています。

もし、地デジの感度が上がるようであれば、ダイバシティーアンテナを検討して見たいと思っています。

ちなみにも地デジ放送ですが、デジタルということもうり、アナログ放送と違って映る/映らないという二者択一式のものなので、よく映らなくても何となく見えていたアナログテレビと比較しますと好みが分かれるかもしれませんね。

ポータブルカーナビのゴリラ、トンネルの中で動き

先達て、家族でディズニーランドへ出かけた際に首都高を使用しましたが、はじめてサンヨーのポータブルカーナビ ゴリラ(NV−DVC80DT:ジャパネットタカタの通販で購入しました。)を搭載してのお出かけとなりました。
以前使用していたアルパインのかなり古いものについては車速パルスを取っていた事もあり、トンネルの中でも問題なく動作していました。
しかし、今回のポータブルカーナビ ゴリラについては、ダッシュボードにポンと乗せただけで、あとはGPSに頼っての案内となっているので、どのような動きをするのか気に何っていました。

結果から言いますと、トンネルの中でも動きます。

但し、渋滞にはまってスピードが遅くなってもお構いなく一方的に進んでしまいます。

そして、ある所(記憶ではトンネルの出口?)でゴリラ(子供達がゴリラが動く様が気に入っているので、我が家ではゴリラマークを常時使用しています。)で止まっていました。

なるほど、GPSの信号がキャッチできなくなって止まる事を考えると、先に行ってしまってある所で待っている、理にかなった動きかと思いました。

少し小遣いがたまったらオートジャイロでもつけてみたいところですが、トンネル以外は全く問題が起きずに、我が家の近辺や出先では殆ど問題が起きないために、我が家の大蔵大臣はなかなかOKを出しません。

「無駄な投資をするな」と言ったところでしょうか。

でも、きっとあると便利なのでしょうね。

私は欲しいのですが...