2006年12月20日水曜日

キーレスエントリー、むちゃくちゃ電波が届きます!!

当然見通し距離ですが、それでもポケットの中から20メートルほど離れたところから
ロック/アンロックを試してみました。
結果、ハザードランプが点滅!!
驚きました。

これが、我が家のイプサムに取り付けたキーレスエントリーです。

安価の割にはとてもいいかと思いますので、個人的にお薦めです。
イプサムを持っている方(に限らないのですが)、いかがでしょうか?

キーレスエントリー、快調です!!

ワイヤレスキーにて、ロック時に1回,アンロック時に3回のハザード点滅、以前より憧れていましたので嬉しい限りです。
また、ロケーション機能についても同様です。

さて、これに味を占めたこと(僅かですが、少し自信もつきました。)もあり、また新たに機能を追加したいと思っています。
前回も書きましたが、次は車速感応ドアロック(おそらくご存知の方も沢山いらっしゃると思われる有名な機器)を検討したいと思います。
(もちろん、自分でつけます。)
高級な車にはついているようですが(私自身、車については無知ゆえ率直なところ分からないのですが、インターネット上にはそのように書いてある記事を見受けますので...)、我が家のイプサムは当然付いていませんので是非にと考えています。

素人の私から見ますと、かつて若い頃に楽しんだPCの組み立てやパーツ追加のような気分に近いものがあります。
(但し、物が車だけに、十分注意をする必要がありますが...)

イプサム高級車計画(?)、勝手に命名していますが、これから少しずつ進めていきたいと思います。

2006年12月17日日曜日

キーレスエントリーをつけました 完結編

さて、前回の続きです。

早速取り付けるために、ハンドルのしたのネジ類をはずして配線図にありました右足上のコネクタをさっそく調べてみました。
ここで何と、配線図にあったピン数のコネクタが一つも無い事が判明しました。
率直、頭が真っ白になりました。
しかし、ピン数が違っても指示されたケーブルの色はあるはずと気を取り直して調べてみました。
ありました。電源ケーブルです。
これを早速接続しました。

しかし、他の色のケーブルが見つかりません。
またしても、頭が真っ白になりました。
ここで、暫く途方にくれました。

しかし、ここで諦めたら5000円弱の投資が無駄になってしまう為、意を決して全くの素人ではありますが、「自力で調べる」事にしました。
以前に車を購入した際自動車用工具も購入したのですが、この中に検電テスターなるものがあるのを思い出しましたので、片側を車体アースへ接続して配線図にあったピン数が微妙に違ったコネクタを先ずは調べてみました。
反応がなかったり、テスター内臓のネオン部位が点灯したり、キーを抜いたまま車のライトを点灯した際になる警告音がなったりと、今までよく分からなかった車の配線状況が少しだけ分かりました。
がしかし、配線図にあるコネクタと思われるものを全て調べましたが、全てハズレました。

ここで三度頭が白くなりました。
が、めげずにこの際いろいろと調べてみようと思い、ハンドル右下付近にあったコネクタのある黒いボックスを見つけましたので、早速こちらも調べ始めました。

すると、なんと

ガシャ!!

と音をするところを見つけました。
やりました!!
アンロックする信号線を見つけました!!
次に隣を調べてみました。
こちらも、

ガシャ!!

と音がしました。
あたりです!!
今度はロックをする信号線でした!!

非常に嬉しい限りです。

早速これらを接続し、添付資料にある結線テストを実施し(ここでも問題なく動作しました!!)、今回購入したコントロールボックスへつないでいざワイヤレスリモコンのロックをONしてみました。

ガシャッ!!
という音とともに、ロック時に1回,アンロック時に3回のハザード点滅を確認。

飛び上がらんばかりの嬉しさで思わず「よっしゃ!!」叫んでしまいました。

あとは、購入したコントロールボックスを剥がしたパネルの裏側に両面テー部で貼り付けた後に配線周りを結束バンドで纏め上げて終了とあいなりました。

時間もかかり、いやはやなんとも疲れましたが、自力で何とかできた事は嬉しさとともに、少しだけ自身にもつながりました。
車速感応ドアロックや自動格納ミラーもとりつけたいと考えていましたので、その意味ではこの自信が今後のより強い見方になるかと思います。

さて、更なる野望をいだきつつ、暫くはこの追加したワイヤレスキーとロック/アンロック時ハザード点灯を堪能しようと思います。
(あんまり調子に乗るとバッテリーが....)


2006年12月16日土曜日

キーレスエントリーを取り付けました

もともとイプサムにはワイアレスキーが購入したときに付いてきました。
しかし1つしかない為、妻と私がそれぞれ持とうとした場合は、別途購入をしなくてはなりません。
(車は我が家に1台しかないので、夫婦で別々のワイヤレスキーを持つ必要はないのですが...)
以前、車を購入したディーラへ問い合わせたところ、
「正確な金額は今すぐには分かりませんが、1万は越えます。」
との内容の為、率直諦めていました。
しかし、インターネットを調べてみますと、いろいろとワイヤレスキーが存在する事を知りました。
しかも、ワイヤレスキーが複数ついて数千円レベルなので、こちらを検討する事にしました。
※ワイヤレスキーも別途購入する事が出来ます。

という事で、その後いろいろと調べた結果
・リモコンキーのデザインが個人的にはとても気に入っている事。
・基本構成でも、最初から2個のワイヤレスキーがついている事。
・日本製である事。
・値段が5000円を切っていること。
・ロック/アンロック時に、ウインカーがハザード点滅をする。
(ロック時1回,アンロック時3回。過去のブログにも書きましたが、この機能は以前からとても欲しかったものです。最近の車は標準でこの機能を持っているようですが、我が家のイプサムにはありませんでしたので。
※この機能だけでも別途数千円するものがありました。.
・私のような全くの素人でも大丈夫な(?)イプサム用の配線方法の資料があること。
(実は、これが問題となりました。)
等の理由により、 ここの会社 から早速入手いたしました。
★ちなみに、入金後直ぐ手元に届きましたのは非常に驚きました。

自宅に到着後、早速梱包を開けてみました。
予想通り、小さいワイヤレスキーと小さな受信ボックスを見て、早く取り付けたい衝動に駆られましたが、取り急ぎ週末まで我慢する事にしました。
その間、我が家のイプサム用の配線図をみて配線方法を検討しました。
(配線数が僅かなので、とても楽そうな印象がありましたが....

さて、ここまでは非常に順調でしたが、いざ配線の際に思わず頭が真っ白になってしまう出来事に遭遇いたしました。
その件は、次回に書いてみたいと思います。